まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
戸田一樹

体と心をケアする鍼灸・マッサージのプロ

戸田一樹(とだかずき)

株式会社 札幌大通長生院

お電話での
お問い合わせ
011-241-7800

戸田一樹プロのご紹介

熟練の手は、体と心が発するSOSのサインを見逃さない(1/3)

株式会社 大通長生院 副院長 戸田一樹氏

治療の原点である“手当て”の気持ちを大切に

 札幌市・大通公園の南側に面したビルの5階にある「札幌大通長生院」。1976年に開業した鍼灸・マッサージ指圧の治療院で、12人いる治療師全員が国家資格を持っています。「治療の原点は“手当て”。子どもは母親のぬくもりだけで、体や心の不調が治ってしまうこともあるほど。当院では機械や電気に頼ることなく、手だけでじっくり丁寧に治療しています」と、副院長の戸田一樹さん。 
 健康を白、病気を黒に例えて、「自覚症状はあってつらいのに、検査では異常がない」あるいは「自覚症状はないけれど、検査では異常がある」状態は「グレーゾーン」。頸椎や脊椎に関して、レントゲンやMRIは4ミリから5ミリ以上のズレがないと、映像所見で異常と認められないのに対し、熟練者になると、わずか0・8ミリのズレでも指先で感じ取ることができるとか。戸田さんをはじめ、同院の治療師たちは、このグレーゾーンで不調を訴える人たちに対処できる高度なテクニックを誇っています。
 交通事故後遺症からメニエル症候群、うつ病、腰椎ヘルニア、アトピー性皮膚炎など、多岐にわたる症状の改善に定評があり、わざわざ本州から同院を訪れるスポーツ選手も。自由に見ることのできるファイルには、有名選手や芸能人のサイン色紙が収められています。

戸田一樹プロのその他のコンテンツ

Share