まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
橘和子

犬と飼い主のベストな関係を築くペットサービスのプロ

橘和子(たちばなかずこ)

1/2Hounds(ワン トゥ ハウンズ)

お電話での
お問い合わせ
011-301-5552

コラム

Exam!

2016年7月4日

熟女子大生となり、3か月がすぎた。
最初の1ヶ月はとにかく戸惑う毎日が続き、一週間経つのがまるで一年かかっているかのようだった。
しかしここ最近は学校生活にさすがに慣れ(もう慣れないとヤバい)、逆に一週間があっという間に飛んでいく。そして慣れてきたというころに、中間試験があった…。

うん10年前に社会人になってから、試験を受けたというのは…北米で取得した動物看護士の資格が日本では適用してもらえないと判明した際に、日本で民間の(まだ国家資格ではない)動物看護資格取得のためのテストをしたくらいだろうか。

ただ、今回の中間試験で思ったこと。「持久力の必要性」をひしひしと感じた。上に述べた試験も、単に一発試験である。だからその日のために着々と勉強をしておけばよかったのだが、中間試験となると、次から次へと試験がやってくる。今日の試験が終わっても、また明日に試験がやってくる。一息ついてる暇がないのだ。しかも、ある学科だけを勉強しているだけではダメだ。
土壇場になって初めて本気が出るというわたしにとって、一夜漬けは日常茶飯事だったはず。それが今は…ムリ!!!!の一言だ。まして、一夜で物事の記憶を忘れる歳になってきているのだから、通用するわけがない。
…これは学生の時には一切気づかなかったことである。

もちろん今回の中間試験は、「慣れていない」「昔の感覚を引きずったまま」「昔とは違うとの自覚がない」であったために、一夜漬けも挑戦してみている。昔の学生時代とは違い、この度の熟女子学生は、リポ○タンDのお力を借りてはいる。

試験期間…。
とても不思議な感覚に陥った。
期末試験までには、記憶を貯蓄するためのシナプスが今よりも増えてくれることを願っている。

人間が心も身体も健康でいられる生活のために。犬に関するお手伝いをさせていただきます。
札幌のプロフェッショナルなドッグケア施設、ワントゥハウンズ。
www.one-to-hounds.com

この記事を書いたプロ

橘和子

橘和子(たちばなかずこ)

橘和子プロのその他のコンテンツ

Share

橘和子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-301-5552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橘和子

1/2Hounds(ワン トゥ ハウンズ)

担当橘和子(たちばなかずこ)

地図・アクセス

橘和子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

橘和子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

橘和子プロのその他のコンテンツ