まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
中島正晴

住む人が笑顔で暮らせる家づくりを提案する建築のプロ

中島正晴(なかじままさはる)

有限会社 中島建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
011-861-3360

コラム

オスロで見た子供部屋のレイアウトと配色

新築 リフォーム 子供部屋

2013年2月23日 / 2014年7月4日更新

 ノルウェーのオスロに行ったときに、テラスハウスの家にお住まいの方の子供
部屋を見せてもらいました。小学校低学年と幼児の女の子2人と赤ちゃんのいる
ご家庭でした。

 子供部屋は二つあって、一つの部屋には、机は一つでしたが、二段ベッドを置
いて、女の子2人で使っていました。もう一つの部屋は、赤ちゃんのためのベビー
ベッドを置き、幼児の女の子用と思うのですが、小さなテーブルとチェアが置か
れていました。
 
 二つの部屋の大きさはどちらも日本でいう4.5帖ぐらいの大きさです。
 子供部屋づくりの参考にと思い、レイアウトと配色を改めて見てみました。

2人の女の子の部屋





レイアウト:窓に向かって正面にデスク1台、左側に二段ベッド、窓の反対側
に入口とオープンの収納棚です。

オープンの収納棚は、バスケットを入れておくとドサッと入れるだけなので、
後片づけが楽でいいですね。
二段ベッドも重宝しますね。私も娘が小学校の時は使いました。中学生に
なったら分離して、部屋も別々にしてそれぞれに置きました。
暖房機は電気パネルです。
照明器具はイサムノグチのデザインの竹籠に上を貼った球形の照明に自分で絵
を書いていました。電気をつけるとまたきれいなのでしょうね。
窓上に棚を設けて、お人形さんを飾っていました。このアイディアは私の事務所
の1階を母のための手芸店の教室にしたのですが、そこの窓の上に同じように棚
を設けて、たくさんの人形を腰かけるように飾ってもらいました。

配色:ベースカラー  ~床:ダーク色パイン材 壁:ビニールクロス細赤ストライプ柄 
            天井:パイン材
   
   セカンドカラー ~カーテン:ブルー、収納棚枠、ベッド枠:パイン材
            スタンド:ブルー ベッド照明:ブルー、ドア:木製生成色
   
   アクセントカラー~ドールハウス:赤、ピンク 手さげ袋:赤、ピンク
            机の上の小物:赤、ピンク
   
 白のデスクにブルーのカーテンの組み合わせは、北欧の定番なのだろうかと思い
ました。アクセントカラーの赤と、ピンクははっきりしませんが、なんとなく可
愛らしさ出しています。どこの国も女の子は赤とかピンクが好きなのかとなと思
います。
   
赤ちゃんの部屋





レイアウト:窓側正面に小さなテーブルとチェア、左側にベビーベッド、窓と反対
      側に入口とオープン型収納棚

配 色  :ベースカラー  ~床:ダーク色パイン材 壁:ごく薄いピンクで凹凸
               のあるビニールクロス 天井:パイン材

      センカンドカラー~ベビーベッドの枠:パイン材色 窓枠:木材色
               カーテン:ブルー、ダークブルー、

アクセントカラー~おもちゃ箱:赤
カーテン;ブルー、ダークブルー、赤、白、ピンクモザイク柄

 壁はペイントが主なのかと思いましたらビニールクロスも使ってい
たのが意外でした。床パインフローリング、天井パイン羽目板というパター
ンも北欧らしですね。

 パイン材という地場の木と薄いブルーやピンクといた人工色のカラー
と同時に使うとうのも北欧手法というところでしょうか?
 同じ木を使っても、アメリカやカナダなどのウッディースタイルとは
違っています。
 イケアという北欧家具を売っているところではファブリックをみると、
ストライプ柄やチェック柄、パッチワークモザイク柄などが多くあるので、
このお部屋のようなカーテン柄も普通なのでしょうね。

明るいペイント色を使う理由を、オスロに住んで10年以上になるという
日本人の女性(国籍はどちらかわかりませんが)は秋になると天気が曇り
のことが多いので、気分が憂鬱になるから、オスロの人は明るい色を好ん
で使っているようです。と話されていたのが印象的でした。

この記事を書いたプロ

中島正晴

中島正晴(なかじままさはる)

中島正晴プロのその他のコンテンツ

Share

中島正晴プロのその他のコンテンツ