マイベストプロ北海道
飯田宏雄

日出づる国の武術大東流 合氣の未来を世界と作るプロ

飯田宏雄(いいだひろお) / 合氣護身術指導者

合氣護身術大東流無傳塾

お電話での
お問い合わせ
011-662-2679

コラム

夏合宿インアイルランド2022

2022年8月2日 公開 / 2022年8月4日更新

コラムカテゴリ:スクール・習い事

アイルランドのトーマスタウンで行われた合宿の模様をレポートします。

夏合宿 イン アイルランド2022

アイルランド支部長 オシン・バーク

合宿とセミナーの違いは何でしょうか?セミナーは、基本的に いつも定期的に稽古をしているメンバーとそれ以外のメンバーに開放されている、オープントレーニングセッションです。参加者のレベルや経験には大きなばらつきがあるため 、セミナーでの指導は、概念の紹介やトレーニングの共有など に焦点を当てる傾向があります。 つまり、セミナーで取り上げる稽古内容は、一般的で基本的な概念によるものになります。

一方、合宿はより集中的な稽古です。 参加者は、すでに一定のレベルの合気を持っている無傳塾のメンバーなのでこのトレーニングでより深いレベルに掘り下げていくことができ、私たちの体に深く合気を植え付けることを共有することができます。さらに、合宿では気を散らすものや邪魔をするものが極力ないように心掛けています。何人かの人が一緒に長い時間を過ごす社交的な場でもありますが、今回の合宿では、主に禅仏教で「無心」または「空心」という教えの 一定レベルを達成するために、日常の世俗的な懸念を捨てることに焦点を当てました。これは、 合気の教えと方法を内面化できる考え方の一つだと思います。その最も深いレベルとして、合宿はほとんど変革的なプロセスになることができると思います。アイルランドの私たちのメイン道場は、 合宿をするのに最適な所です。忙しい都会から離れて、気を散らすものがない、空気の澄んだゆったりした田舎で、聞こえる音と言えば、鳥の声、風に揺れる木々や葉の音、時々降る柔らかい雨音などです。この環境により、参加者は自然と稽古に深く入り込むことができました。

今回の合宿の核となるテーマは、日本語で「腰(こし)」と呼ばれるものを いかに鍛えて技に取り組ませるかということでした。腰は英語で「ヒップ」と訳されることが多いです。これは厳密には正確ではありません。腰は 、股関節が骨盤に接続する場所から腰と胴回りの領域までを指すことができます。体のこの領域は、健康を保つことと武道の発達にとって非常に重要ですが、トレーニングではしばしば無視されがちです。しかし、コシを鍛えなければ全身の力を技に活かすことは不可能です 。 足のつま先から、手の先、首を経由して、頭のてっぺんまで、「全身」のつながりは、体のあらゆる部分に合気をもたらすために不可欠です。コシを鍛えるには多くの側面がありますが、生体力学レベルでは、大腰筋の利用が重要です。これらは、下背骨の両側を内腿骨に接続する2つの大きな筋肉 です。大腰筋は骨盤の内側に座り、現代のライフスタイルのおかげでしばしば萎縮しています。椅子に長時間座ったり動かなかったりすると、これらの筋肉が弱まり、腰痛、、 膀胱や腸の周りの筋肉が弱くなります。

合気 を発達させるという点では、コシの正しい使い方は、腕や肩の筋力に頼ることなく身体の深い力を使って、それを 攻撃者の力と組み合わせることを可能にします。これにより、取り(技を掛ける人)は力を使わずに相手のバランスを崩すことができ、投げ技や固め技が容易に出来るようになります。コシを鍛えるもう一つの利点は、それが中心または中心線(軸)を強化する傾向があるということです。中心線がぶれれば、合気は体全体に現れることができません。コシの活用は合気柔術だけにとどまらず重要です。多くの伝統的なアジアの芸術、舞踊、書道、茶道、または舞台芸術、武器芸術では、コシの正しい使い方で、実践者の活力と力は明らかです。それはまた、年をとるにつれて彼らの芸術において高いレベルを維持することを可能にします。コシを鍛えることがいかに重要でその関わり方を理解したら、武道家が正しく体を使っているのか、それとも上半身の強さに頼っているのかは、見ただけで明らかになります。

私たちが今回実践した技の多くは、コシを鍛えることと、正しく使うことに焦点を当てました。さらに、道場で練習する以外に日常生活を通して彼らの体を鍛えることができるように、ソロ・トレーニングもいくつか探求しました。合宿の最終日には、全員で輪番(ライン)の練習を行い、各自がこの合宿でどれだけ成長したかを確認しました。この3日間のトレーニングで、参加したメンバーはすべてより深いレベルで練習を積むことができました。

2022年7月31日

Video Links

Ryotedukami:Aikitekubizeme

Aiki rinban techniques

Rinban techniques

Morotedukami:Sukuiageaikinage - Oisin

Aikitekubigaeshi- Oisin


Ireland Gasshuku Summer 2022 Report


What is the difference between these a gasshuku and a seminar? A seminar is essentially an extended open training session that is open to regularly practicing members and non members. As there is a wide variation in the levels and experience of attendees, teaching in a seminar tends to focus on introducing concepts and sharing training among others. This means that the material covered in a seminar is an overview of general principles.

A gasshuku in comparison is more intensive experience. The attendees are members of a who have a certain level of aiki already, so the training can occur on a deeper level. Deeper teachings can be shared in order to burn aiki in to our bodies. Additionally, A gasshuku should not have too many distractions. While it is also a social event, the focus for the length of the gasshuku is primarily on dropping one’s everyday worldly concerns to achieve a certain level of what is refereed to in zen Buddhism as ‘mushin’ or ‘empty mind’. This is a type of mindset in which one can really internalise the teachings and method of aiki. At its deepest level, a gasshuku can become an almost transformative process.The location of our main dojo in Ireland is good for a gasshuku. It is rural and away from many distractions of modern life. The air is good quality and most of sounds that surround the dojo are the created by birdsong, the wind in the trees and the soft fall of rain. This environment allowed practitioners to go deeper into their practice.

The core theme of this gasshuku was how to develop and engage what is called the ‘koshi’ in Japanese. Koshi is often translated as ‘hips’ in English. This is not strictly accurate. Koshi can refer to the region of the body from where the hip joints connect to the pelvic sockets to the region of the lower back and waist. This area of the body is very important for health and martial development, but it is often neglected in training. However, if the koshi is not cultivated, it is impossible to utilise the power of the entire body into techniques. A ‘whole
body’ connection, from the feet and legs to the hands, neck and head, is vital in order to bring aiki to all parts of the body.
There are many aspects of developing the koshi, but on a bio mechanical level, the utilisation of the psoas muscles are important. These are two large muscles that connect either side of the lower spine to the inner thigh bones. The psoas muscles sit inside the pelvic girdle and are often atrophied thanks to our modern lifestyles. Long periods of sitting in chairs and immobility weaken these muscles and can often account for lower back pain, weak legs and weak muscles around the bladder and intestines.

In terms of developing aiki, the correct engagement of the koshi correctly allows the practitioner to transmit deep power of the body and combine it with the incoming force of the attacker without relying on muscle power from the arms and shoulders. It allows the practitioner to unbalance their opponent without strain and aids in the execution of effective throwing and locking techniques. Another benefit of a developed koshi is that it tends to strengthen the chushin, or centreline of the practitioner. Without a connected centreline, aiki cannot be manifested throughout the body. The utilisation of the koshi is important not just for aiki jujutsu. It is also important for many traditional Asian arts. In traditional, dance, calligraphy, tea ceremony, or performing and weapons arts the correct use of the koshi is evident in the vitality and power of the practitioner. It also allows a practitioner to maintain a high level in their art as they get older.
Once you understand how to engage the koshi, it can become apparent just by observation if a practitioner of any martial art or body system is using their koshi or if they are relying on upper body strength.

Many of the techniques we practiced focused on developing and engaging the koshi. Additionally, We also explore some exercises that can be performed solo so that the practitioner can develop their koshi through everyday living outside the dojo.At the end of the gasshuku we practiced a series of rinban (or line) practice and the development of the koshi of each practitioner was evident from the start to the end of the gasshuku.This training weekend allowed all practitioners to develop their practice do a deeper level.
Gambatte!




松ぽっくりに火がついて日本からアイルランドに流され根付いてきた。そこから又ポルトガ、ドイツ、スペイン、イギリスへと伝播することを期待します。

大東流合気護身術無傳塾 
ヨーロッパ総轄・アイルランド支部長 オシン・バーク
2022年7月24日

Oisin Bourke,
Head Instructor- Ireland Branch,
Director, Muden Juku Europe
July24,2022
E-MAIL: aiki@daitoryu-muden.com

2022年8月4日
いい氣 いい出会い いい仲間づくり
Good energy  Good enccounters Good relationships
合氣護身術大東流無傳塾
塾長・最高師範 飯田 宏雄

この記事を書いたプロ

飯田宏雄

日出づる国の武術大東流 合氣の未来を世界と作るプロ

飯田宏雄(合氣護身術大東流無傳塾)

Share

コラムのテーマ一覧

飯田宏雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-662-2679

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

飯田宏雄

合氣護身術大東流無傳塾

担当飯田宏雄(いいだひろお)

地図・アクセス

飯田宏雄プロのコンテンツ