マイベストプロ北海道
坂本裕満

現役世代の美と疲れのツボに手が届く鍼灸マッサージのプロ

坂本裕満(さかもとひろみつ) / 鍼灸師

マッサージ鍼灸治療院 MITSU BODY SAPPORO

コラム

肩が痛くて腕が上がらない。

2022年11月17日

テーマ:肩の痛めない予防法。

コラムカテゴリ:美容・健康

肩甲骨と上腕骨(腕)と肩甲上腕リズム。



肩関節の運動には肩甲骨と腕の動きに対しての比率が存在します。
肩甲骨を45度以上上げた時の上腕骨(腕)と肩甲骨の動く比率は2対1の関係にあります。
この比率が崩れてしまうと関節や筋肉を痛めてしまいます。

私たち人間は日常の体を動かす範囲が大体決まってしまいます。

年数を重ねると段々と筋肉も硬くなり伸びまくなり、腕もあげようとしても上がらなくなってきます。
そのような状態で急に腕を上げたり運動したりすると、肩甲上腕リズムがくずれて、関節や筋肉を痛めてしまうことになります。

肩を痛める年齢層としては、いわゆる40肩、50肩と言うように40代以上の方に多くみられます。

もちろん肩の環境だけでこのような状態になるとは限りません。
段々と背中も丸まり猫背になってくる事も肩を痛める原因になります。


肩が痛くならない為の効果的な3つの対処法。



1

ラジオ体操


肩甲骨や腕の色々な動きが備わった体操です。
可動域を広げ、筋肉を和らげる効果があります。

2

肩甲骨を意識したウォーキング


腕を後ろに引く事を意識しながらウォーキングを行います。
後ろに引いて歩く事で関節運動効果と胸郭(胸)が開く為、猫背の改善、全身の代謝向上効果。

3

ストレッチを行い肩関節に柔軟性を持たせる。


固まった筋肉を伸ばし筋肉の拘縮を予防できます。血流促進効果。

肩関節の運動をするにあたっての注意ですが、既に肩に痛みを感じる方は一度専門家に診て頂いて肩の状況を把握した上で対処法を考えると良いと思います。


大切な事は普段から余り動かさない筋肉を動かす事です。
適度な運動を心がける事で内臓機能アップとメンタル面においてもやる気や向上心が高まります。

今回は肩の痛みの原因と対策についてお話ししました。
是非試してみてください。
最後まで読んで頂き有難うございます。

この記事を書いたプロ

坂本裕満

現役世代の美と疲れのツボに手が届く鍼灸マッサージのプロ

坂本裕満(マッサージ鍼灸治療院 MITSU BODY SAPPORO)

Share

坂本裕満プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-688-8791

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂本裕満

マッサージ鍼灸治療院 MITSU BODY SAPPORO

担当坂本裕満(さかもとひろみつ)

地図・アクセス

坂本裕満のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2022-11-17

坂本裕満プロのコンテンツ