マイベストプロ北海道

コラム

マスクは表情筋の敵!? 話題の「マスク老け」について

2020年6月14日

テーマ:マスク

コラムカテゴリ:美容・健康

◇◆◇ なぜ、マスクは顔を老けさせるのか

人と会わない、話さない日々が続くと表情筋は運動不足になり、家でのパソコン作業で下を向きがちになるのも好ましくない、ということについては前回のコラムでお話ししました。
お顔の運動不足を解消する「1分フェイスニング」で心も前向きに

少しずつ普通の生活に戻りつつあるこの頃ですが、変わらず新習慣となったのが「マスク」。
実はマスクは表情筋の敵、ともいうべき存在。
顔の下半分を覆っているので、筋肉は安心して怠けてしまいますし、息苦しくなってつい口を開けてしまうと、これも口周りの筋肉が衰える要因にもなります。
特に口を取り囲むように付く「口輪筋」は、顔全体の7割ほどの筋肉と繋がっています。
いわば表情筋の「統括責任者」です。
ここが衰えると一気に頬が下がり、ほうれい線や「への字口」の原因になります。
それに加えて、「口呼吸」の癖は、ウィルスがダイレクトに体内に入りやすくなり、これからの生活では特に気をつけたいですね。

◇◆◇ 大きな「アヒル口」で口輪筋の衰えをチェック

口を大きめに開けて、唇とその周りに360度キュッと力を入れて、唇を外側にめくるように開いてみましょう。
大きなアヒル口ができましたか?



指で唇とその周りを触ってみて、カチカチに力が入っていますか?
「ふにゃふにゃで力が入らない」
「そもそも、唇が外側に開かない」
という人は、口輪筋が衰えていますよ。
是非ともフェイスニングを始めていただきたいです。

マスクとの付き合いは今後もしばらくは続くはず。
「マスク顔」は出会いの場面でもスタンダードになるかもしれませんが、親しくなってマスクを外した時
「えっ!意外と老けていたのね!」なんて思われないようにしたいものですね。

この記事を書いたプロ

上野孝美

表情筋トレーニング「フェイスニング」のプロ

上野孝美(E-faceイーフェイス)

Share

上野孝美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-2428-0725

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野孝美

E-faceイーフェイス

担当上野孝美(うえのたかみ)

地図・アクセス