マイベストプロ北海道
上野孝美

表情筋トレーニング「フェイスニング」のプロ

上野孝美(うえのたかみ) / フェイスニングインストラクター

E-faceイーフェイス

お電話での
お問い合わせ
070-2428-0725

コラム

お顔の運動不足を解消する「1分フェイスニング」で心も前向きに

2020年5月12日 公開 / 2020年5月13日更新

テーマ:表情筋

コラムカテゴリ:美容・健康

◇ ◆ ◇
運動不足は、体だけではありません

自粛生活が続く中「コロナ太り」を嘆いている人も少なくありません。
しかし、運動不足になっているのは体だけではありません。

 √ 人と会わない、話さない
 √ リモートワークが増え、パソコンを見る時間が増えた
 √ お化粧をしない日が多い
 √ 心配な事、ストレスを感じる
これらは、お顔にとっても「衰え=老化」を加速させてしまうことになりかねません。

[人と会わない、話さない]
顔が運動不足になると、たるみや老け顔に直行してしまいます。また動かさないことで血行やリンパの流れが滞ると、むくみやすくなり、冴えない顔色にもなりがちです。

[リモートワークが増え、パソコンを見る時間が増えた]
肩や顔が前に傾く姿勢を長時間取ることで、顔の下半分が前方に下がり「二重あご」等の原因になります。また、頬の脂肪も下がり「ほうれい線」を深くする恐れも。

[お化粧をしない日が多い]
人は鏡を見る時に無意識に少しいい顔をします。これが表情筋には良い刺激となりますが、ノーメイクで普段着のままでは、鏡を見る機会が極端に少なくなってしまいます。

[心配な事、ストレスを感じる]
感情を表すのが表情筋の役目。不安や心配、あるいはストレスは、口角を下げ、眉間のしわ等を定着させてしまいます。暗い気持ちは暗い顔つきを作ってしまうのです。

◇ ◆ ◇
お手軽「1分フェイスニング」でお顔の筋トレを!

⒈ お顔の下半分のもたつき、二重アゴを改善
《広頚筋》のトレーニング

⒉ ほうれい線の予防、自然な笑顔のために
《小頬骨筋》のトレーニング


◇ ◆ ◇
人は楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。(ウィリアム・ジェームズ)

笑顔になることで「楽しい!幸せ!」と脳は勘違いすることが多くの研究でわかっています。それにより、脳からは「幸せホルモン」と言われるセロトニンが分泌されることや、ウィルス等から身を守る免疫細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化するという研究結果もあります。
朝・晩1回ずつでも鏡に向かってしっかり笑顔を作ってみましょう。
気持ちを前向きに変えるのに大変有効です!
Take a smile!!

この記事を書いたプロ

上野孝美

表情筋トレーニング「フェイスニング」のプロ

上野孝美(E-faceイーフェイス)

Share

コラムのテーマ一覧

上野孝美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-2428-0725

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野孝美

E-faceイーフェイス

担当上野孝美(うえのたかみ)

地図・アクセス