マイベストプロ北海道

コラム

2021年、悩みを小さくして生活する方法

2021年1月4日

テーマ:心理・気持ち・メンタル

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

2021年、あけましておめでとうございます。




1月4日、今日から仕事始めですね。
年明け早々、首都圏では緊急事態宣言も出されそうです。
経済的にも、精神的にも、様々な負担や悩みを抱えなくてはならなそうです。
が、少しでも悩みを小さくして、生活したいと思います。


「悩み」って何でしょう?


「悩み」は突き詰めていけば、たった一つと言われます。
それは「思った通りに生きられない!」ことです。
自分の願う理想と、現実のギャップ、に心を悩ましているのです。
実はそれは「形のある現実」の問題ではなく、心から来る悩みなのです。

そうですね・・・
【頭ではわかっているけど、気持ちと体が付いてこない】って感じです。

例えば・・・・
『ポジティブに2021年の計画を立てなきゃいけないけれど・・・、どこかで、どうせ計画通りなんて無理だし、行き当たりばったりでもいいのかも。計画たてたり考えたり、とっても面倒で先延ばししている』感じ。

『こんな男はもう見限っているのに、気持ちも離れているのに、・・・でも、弱音を吐かれると、知らんふりできなくて、気になってしまう…』とか。

自分が今悩んでいることを、分析してみると、【頭(考えていること)】と【行動(やっていること・感じていること)】のアンバランスさに気が付くかもしれません。
別な言い方をすると、理性(頭)が心と体を裏切っている、ということです。
この裏切りは、ストレスへと発展しますから、要注意なのです。

悩みを解決する方法って?


さて、【自分はこの状態で一番何がしたいのか?】をちょっと立ち止まって考えることが解決策になります。

『ポジティブに2021年の計画を立てなきゃいけないけれど・・・、どこかで、どうせ計画通りなんて無理だし、行き当たりばったりでもいいのかも。計画たてたり考えたり、とっても面倒で先延ばししているけど、・・・でも計画があったほうが行動しやすいから、やっぱり大枠でいいから計画立てよう!!』

『こんな男はもう見限っているのに、気持ちも離れているのに、・・・でも、弱音を吐かれると、知らんふりできなくて、気にしてしまうのは私の悪い癖。別れたいのだから、これを機会にちゃんと距離を置いて別れよう』

2021年は特に、しっかり自分の考えと気持ち・行動を一致させていく必要があります。
周りに振り回されすぎずに、悩みを最小限に抑えて生活していきたいですね。
今から、すぐに
「思った通りに生きるには!?」を自問自答する癖をつけるのもいいかもしれませんね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
井島 恵子
・メンタルコーチ(米国NLP協会認定トレーナー)
・人材育成コンサルタント(国家資格キャリアコンサルタント)

株式会社ブロッサム
札幌市中央区南4条東1丁目4-1
フォーシーンBLD 910
 011-261-8055

www.blossom.org.uk
http://nlp-hokkaido.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この記事を書いたプロ

井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(株式会社ブロッサム)

Share

関連するコラム