マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

NLP受講生の“実感”と私の想い

2019年7月1日

テーマ:生き方・キャリア

NLPを教える、ということ

私は米国NLP協会認定のトレーナーとして、資格取得のコースを運営してきました。
150名以上のプラクティショナーが巣立っていきました。

いつも
『NLPを受けて受講生は何を感じ取ってくれたのだろう?』
そう考えます。

そして、
NLPのマスタープラクティショナーの授業の中で、受講生に訊いてみました。
次週でマスターも修了するメンバーです。
NLPを学んだ“実感”ってどうなんでしょう。

NLPが身に着くということ


◆人に寄り添うことができるようになった。
その人が受けとめやすい言葉や表現を意識することができ、影響力となっている。

◆今までは自分と合わない人がたくさんいて、ストレスにもなっていたが、
人はそれぞれの考え方や捉え方が有り、自分もその“それぞれ”なんだとわかると、人間関係のストレスが減った。苦手な人が減った

◆十人十色とはわかっていても、他人の言動が気になっていたが、冷静に分析したり、その気持ちもわかるようになり、『短所を悪い部分』として捉えることがなくなった。
その効果として、自分の言動が自由なものに感じられるようになった。

◆人前での発表、プレゼンはただただ緊張するものだったが、NLPが身に着くと、表現の仕方や、どうしたらもっと聞き手に興味を持たせられるかという視点で考えが展開し、楽しいし、良い結果も実感できている。

良かった!ちゃんとNLP的な言動が身についていました。

【価値観・信念】を取り扱うのがNLPという現代心理学


私は、自分が教えているNLPとTAは繋がっている心理学なのだと、受講生には説明をしています。
そして、どちらも、【価値観・信念】がキーワードだと。

人が苦しみ、悩み、生きづらさを感じるのは、この【価値観・信念】があるからです。
これは、自分を支え、自信を持たせてくれる一方で、
自分に強い制限を与え、選択肢を狭めてしまう怖さも秘めています。

NLPを学ぶ大きな大きな目的とゴールは、
自分の【価値観・信念】がどうして出来上がっていったのかを知り、
時にはその【価値観・信念】を変えるという強さと誠実さと柔軟性を培うためです。

NLPを学んで行く途中で、多くの人が
・人間関係が楽になった
・嫌な人が気にならなくなった
と実感します。これは自分にも他人にも【価値観】があり、例えば、それぞれが独自の世界地図を描いているという事を理解していくからなのです。
だから自分の価値観と相手の価値観、互いの地図を認めて行くことができるようになるため、それまでカリカリしていた人間関係が、とても楽なものに変化していくのです。

もちろん、前提は【自分の価値観・信念を理解する】ということをします。
これがけっこう歪曲されていて、しかも、あまり意味の無いことが多かったりする現実を知ると、【自分の価値観・信念】からの解放があるのです。

これから更に真剣に取り組みたい私の目標


変化、成長というのは自他の【価値観・信念】を理解し、柔軟に対応できるということ。
そしてそれがNLPやTAという現代心理学の最大の特徴だと思っている私です。

NLPもTAも生きていくうえで『役に立つ』学問です。
これを真剣にもっと伝えて、共有して、広めていきたいと、改めて決意した私です!!

7月が始まります。
イジマメソッドと題して、私のNLPの次のステージをスタートします。
【メンタルコーチング】です。
是非一人でも多くの人に、生きやすい日々を送って欲しいと思っています。

この記事を書いたプロ

井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(株式会社ブロッサム)

Share
関連するコラム