まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

人付き合いをラクにするには

人付き合いでイライラしてしまうのは当たり前のこと

人がたくさん集まるお正月というイベント。
家族・親戚が久しぶりに集まったり、
友人がたくさん集まったりするとき、なんとなくイライラしてしまうことがあるものです。

自分の生活リズムと違う相手のリズムを感じると、
その部分にスポットライトを当て、マイクを置き、異常に気にしてしまうことがあります。
気になってしまう、というほうがあっているかもしれないですね。

イライラの理由

『何となく~』『わけもなく~何だけど…』
洗面台の使い方が…
食事の仕方が…
ちゃんと挨拶してよね…
その態度ってあり?
うちのやり方とは違うんだよね…

気になり始めると、全部が気になってしまいます。
重箱の隅を~という感じでしょうか。

そして、今度は自分を相手に合わせるように、その場の空気を読み、嫌われないように、
私たちは自分が我慢をすることを選んでしまうことも少なくありません。

そして、
『あー、疲れた』
『なんで私がこんなに気を遣わなきゃならないの!』
なんて、相手に腹をたて、そして自分にも腹をたて!!
もしかしたら、自分の行為と気遣いに対する“見返り”を求めていますか?

人付き合いはラクになるの?

人付き合いをラクにする簡単な方法を教えます。

人は本当に十人十色です。
「あ~そういう行動をするんだね~」とゆる~く受け入れると楽ですよ。
人間否定ではなく、行動に対して、そう呟いてみてください。
「あ~そういう行動ね~」です。

そして、してあげたくなったときは、
“してあげる”ではなく『私がしたいから、する』です。
したくなかったら無理しないこと。でも、したかったら楽しんでしてみましょう。

人が集まるお正月はいい勉強のタイミング。
ちょっと自分の“人付き合い”を振り返ってみましょう。

o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■
株式会社ブロッサム
代表取締役 井島恵子
札幌市中央区南4条東1丁目4-1
      フォーシーンBLD910
 ☎011-261-8055

この記事を書いたプロ

井島惠子

井島惠子(いじまけいこ)

井島惠子プロのその他のコンテンツ

Share

井島惠子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

井島惠子プロのその他のコンテンツ