まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

考えたい!!ソーシャルメディアのビジネスマナー

ソーシャルメディアの拡大と見えてくる問題点


SNSが普及し、ソーシャルメディアのビジネス利用は当たり前になってきているようにも思えます。
ソーシャルメディアを利用することで、利便性が高くなり、ビジネスの幅も広がっていくと考えられます。

そんな中、難しいことがあります。
「自分はよかれと思って行っていた行動が、相手にとって失礼にあたる」
ということがあるかもしれないという事です

急速に発展し拡大したSNS。
然しソーシャルメディアでのビジネスマナーの確立が、追いついていない、と言うことが言えます。

つまりは、ソーシャルメディアを使う者の常識力が問われる。
相手に失礼になるような行動は何なのかを、しっかり考えて使って行きたいものです。

ソーシャルメディアの利点と落とし穴


最も曖昧で、最も便利で、だからこそ考えなければならない基本が「ソーシャルメディアのプライベートとビジネスの使い分け」なのです。
勿論、これがソーシャルメディアの『インターネット上で不特定多数の人と“話せる”』という魅力でもあります。

自分の発言が、誰に向けた者か、また本当にそれ以外の人の目には触れないのか、を把握する必要があります。
親しいごくわずかの知人に、例えば会社の愚痴を言ったとします。
勿論、ごくわずかの知人にも届いたでしょうが、同時に不特定多数の人にも届いている可能性が大です。
また、自分としてはプライベートのつもりでも、受け取った相手は必ずしもプライベートで受け取るとは限りません。
どの様にその人と繋がったかと言う、とっかかりの状況にも影響されるでしょう。

すれ違い?常識不足?


私は見かけによらず、気を遣う。
そして、その反応が気になってしまう、面倒なオンナなのです。

先日、知人の飲食店のオーブンのお祝いにお花を送りました。
あれから1ヶ月・・・私は見返りを求めるタイプなので、“お礼”がないのが無性に気になっているところです。
『なんて、常識のない人なの!』と腹が立ち、
『でもそういう人だって、前にも思い知らされていたのに、バカだなぁ、私って!』と、その矛先が自分に向きます。

ちょっと待て・・・
そういえば、オープンの正式な案内をもらったわけではなかった。
フェイスブックで、「飲食店をオープンすることになり、
プレオープンの食事試食会をするので・・」という招待が届いただけだ。
私はそれを、まるで封書で頂いたと同様の“重み”に感じ取ってしまいました。

だから、
当日はあいにく予定が合わなかったので、オーブンの日に合わせ、『そうするべきだ!』と考え、お花をお祝いに送ったのでした。

ん?!なーんだ、私の独りよがりかぁ・・・。

まあ、案内状がフェイスブックだなんて、“イマドキ”かもしれないが、もともと私の常識ではフォーマルではなかったのだ。
ならば、私もその程度で返しておいた方が相手にも負担ではなかったのかもしれない。

だけど!
「お花、ありがとう」くらいのマナーは忘れて欲しくない。
せめて、フェイスブックを通してでもいいので、大人のやり取りができないものかと思っってしまった。

また一つ、いい勉強。
でも、どこかおかしい・・・。

自由なものにほど、問われる自己責任力


新しいモノ、便利なモノに乗っかるのは悪いことでは無い。
仕事効率化と言われているビジネスにおいては、必要不可欠な試みと思えます。

然し、その新しさの上にも、
今まで使っていた、ビジネスマナーを当てはめて行かなければ、逆に足をすくわれる危険性も考慮しなくてはなりません。

本当にビジネスのやり取りもフェイスブックをはじめ、ラインまでも使う時代です。
ビジネス上のやり取りがライン上で頻繁になってくると、気づくとスタンプを送信しそうになっていたり、ビジネスの付き合いなのか、プライベートの付き合いなのか、その境界線があいまいになってしまう。

何をしてもよいという選択の自由が高い分、本当はその裏の自己責任の部分が非常に問われていると感じます。

あなたは大丈夫と言いきれますか?

//////////////////////////////////////////////////////////
■株式会社BLOSSOM
■■人材育成コンサルタント 井島 恵子
■■■札幌市中央区南4条東1丁目4-1
             フォーシーンBLD910
■■■TEL:011-261-8055  FAX:011-261-8056
■■■■E-mail ijima@blossom.org.uk
■■■■URL http://www.blossom.org.uk/
//////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

井島惠子

井島惠子(いじまけいこ)

井島惠子プロのその他のコンテンツ

Share

井島惠子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

井島惠子プロのその他のコンテンツ