まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

「キャラクター捕獲ゲーム型」

「キャラクター捕獲ゲーム型」?!


4月の入社式を終え、新入社員の皆さんは研修の真っ只中で奮闘中でしょうか。

新入社員のビジネスマナー研修をさせて頂いている弊社も、そのピークが過ぎました。

さて、今年の新入社員は
「キャラクター捕獲ゲーム型」だそうです。
就職先は数多くあり、比較的容易に内定をもらえたという就活の背景にひっかけています。

人柄、人材としては、
はじめは熱中して取り組むが、飽きやすい傾向も否めない。
彼らのモチベーションを維持するためにも新しいイベントを準備して、
飽きさせぬような注意が企業側には必要ということです。

2017年の新入社員像


実際接してみて、
高卒者も大卒者も、人懐っこいというか周囲に溶け込んでいく能力は高いと感じました。

気さくに話すし、表情もいい。
友達としては、「いいね」を押したくなります。
一方で、本人たちも「仕事上での年上の人との対応がむずかしい」と感じているようで、
上下関係や対顧客に対しての言動は不安があります。
言葉遣いも態度も、返答の仕方含めてのコミュニケーションにおいて
「フレンドリー」にはできるけれど「礼儀を考えて」となると、
失礼な事もしでかしてしまいそうな現状です。

ここ数年の就活・求職者にしては、
売り手市場などとも言われ、ラクというか気を使われていたのが伝わってきます。

どの企業も内定者を確保するために近年まれにないほどにフォローをした、という話も聞きます。

新入社員の課題は『人間関係の距離感をつかめ!』


年上の先輩たちに目いっぱい気を使われて、
4月を機にどう自分を変化させていくとよいのかという戸惑いも伝わるし、
イマドキの親子関係・学校での教師との関係も伝ってくるような気がしました。

手を貸されすぎて、
それに慣れてしまっているのかもしれません。
マナーは時間が経てば身についていくと信じたいです。

心構えや意識が早く「ビジネスモード」に進化することを手助けしていく必要がありそうです。

仕事はゲームのようにはいきません。
地に足を付け、現実を歩いて行かなくてはなりません。

人柄の良い、今年の新入社員さんたち。
「人間関係の距離感」を早くつかむ事が重要且つ大きな課題と言えるのではないでしょうか。

//////////////////////////////////////////////////////////
■株式会社BLOSSOM
■■人材育成コンサルタント 井島 恵子
■■■札幌市中央区南4条東1丁目4-1
             フォーシーンBLD910
■■■TEL:011-261-8055  FAX:011-261-8056
■■■■E-mail ijima@blossom.org.uk
■■■■URL http://www.blossom.org.uk/
//////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

井島惠子

井島惠子(いじまけいこ)

井島惠子プロのその他のコンテンツ

Share

井島惠子プロのその他のコンテンツ