まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

人の表情から、そこにある感情(たとえばウソ・ホント)を見分けることができるか?』

先日、北海道内の某テレビ局から、取材の問合せを頂きました。

『人の表情から、そこにある感情(たとえばウソ・ホント)を見分けることができるか?』という内容でした。
ちょうどファイターズの大谷投手の球種が、彼の表情から読みとられていたという一件があったため、旬な話題だったのでしょう。

メラビアンの法則として知られているように、視覚情報から読み取れるものは、全体の55%程度しかありません。
これを相手の顔、つまり“表情から”と限定すると、20%くらいかもしれません。

『視覚情報』とは顔の表情ばかりではなく、髪型やメイクや服装、そして身振り手振りや態度姿勢、呼吸の深さや細かい手足の動きまで入ります。

NLP心理でも『キャリブレーション』と言って、人に寄り添っていくためには、深く相手を洞察することが基本中の基本です。身体全体の小さな動きに神経を張ります。

いつも一緒にいて、性格や人柄が良くわかっている相手であれば、一瞬の表情の変化を察知し、その裏にある“感情”をつかむ事は容易でしょう。

取材にいらしたディレクターさんは、NLP心理の『視線解析』に関心を寄せていらっしゃいました。
目の動きを読む方法です。
人が何かを考えるとき(記憶をたどるか、創造するか)は、脳にアクセスして答えを出す努力をしています。
その時に脳のどこにアクセスしているかが、目の動きでわかるというものです。
初対面の人とでも、視線解析が分かっていると、相手の考え方の傾向や頭の中に浮かんでいる事が分かります。

クリントン元大統領のスキャンダル事件や市川海老蔵さんのテキーラ事件での彼らのテレビ会見での目の動きは、「記憶をたどっているのではない(真実は云っていない)」ことを物語っていました。

ただ、目は実際にはほんの少しの動きであることも多く、私は、【目の動き+言葉】で捉えるようにしています。

さて今回の取材では、
例えば『夫婦間、嫁姑、ママ友との付き合いの中で、表情で相手の気持ちが読み取りたい』的なご要望です。う~ん、身近な人間関係も確かに大変ですね。

そして、もしその趣旨が『相手とうまくやっていきたい』であれば、・・・・・・

続きはコチラで⇒http://www.blossom.org.uk/column/2068/

この記事を書いたプロ

井島惠子

井島惠子(いじまけいこ)

井島惠子プロのその他のコンテンツ

Share

井島惠子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

井島惠子プロのその他のコンテンツ