まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
井島惠子

人と企業のイメージコンサルティングのプロ

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

コラム

社員研修の在り方

企業内研修は、ある程度の従業員を抱えた企業が、階層別や職種別に実施しているイメージがあります。
現状としては、研修の内容を共有できる人数が多い方が、研修のやりがいも含め費用対効果が見込まれます。
外部講師を依頼する場合などは、どうしても、その辺が気になるところです。

さて、
研修の目的は
① 仕事のやり方、知識・技能を習得させるための教育・訓練
② 社内・外に対してのビジネスマナーを身に付ける教育
③ 職務遂行のためのモチベーションアップ等の士気向上のための研修
と、大きく3つのカテゴリーに分けることができます

これらの研修はどのような企業に必要で、また効果をなすでしょう。

小規模の企業にこそ、取り入れたいものです。

本来、経営者は多忙であり、社員教育に対する熱い思いがありながら時間の制約があって実施は困難というのが現状です。
そして、実際には、社長と社員はある程度の近い位置を保てる方が、小規模企業においては、メンタル面でも仕事面でもフォローがしやすいのです。
研修という、少々厳めしいものは、外部の講師で、そして一般論を言える立場の者が教育をした方が効果的です。

研修を始める際には、『続けていこう!』という決心も重要です。
どんなに素晴らしい研修も、継続していかないと効果が見えて来ないからです。
ボディブローのように、あとから効果を感じられるのが研修です。
ボディブローの繰り返しが必要なのも、研修です。
そうすると、『はっきりと見える効果・違い・成長』となります。

そして、面白いことに、研修は、講師の要素や想いが、どうしても出てきます。
一貫したテーマや講師の想いの元で、サブリミナル効果を出していきたいものです。
経営者が伝えたいことを、共有できる講師や研修会社を、協力者にしてみてください。

毎回異なる講師で様々なテーマの研修を実施しても、効果はあがらないと考えるべきでしょう。


この記事を書いたプロ

井島惠子

井島惠子(いじまけいこ)

井島惠子プロのその他のコンテンツ

Share

井島惠子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

井島惠子プロのその他のコンテンツ