まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
林朋寛

中小企業をとりまく法的問題解決のプロ

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

コラム

犯則調査

税務

2018年3月23日 / 2018年11月27日更新

 国税局に脱税を疑われた場合は、犯則調査の対象になりえます。
 犯則調査の対象になる、つまり犯則嫌疑者となっているというのは、札幌国税局だと調査査察部の係官が強制調査に来るような場合のことです。
 犯則調査の対象になった場合は、●●税法違反の犯罪を疑われているということですから、
行政指導とか、税務調査の場合よりも、刑事責任を問われるという点で危険な立場にあります。
 刑事責任を問われるというのは、懲役や罰金などの刑罰を科されるということです。
 単純にいうと、犯罪の被疑者となっている状況です。
 警察が来たわけでもないし、逮捕されたということでもないので、犯則被疑者になっただけでは危機感は低いのかもしれません。

 税金の問題なので、申告等を頼んでいた税理士に相談する等で犯則調査に対応している人も少なくないかもしれません。
 税理には、税務官公署に対して主張する権限があるので、犯則調査の段階では国税局に対応する権限はあるのかもしれませんが、犯則調査が終わり検察庁に告発がされて事件が検察庁に送られてしまうと、税理士は「弁護人」になれるわけではないし検察庁は「税務官公署」ではないので、検察官に対して被疑者の主張を代理代行することはできません。
 そのため、検察庁に告発された段階で弁護士に相談する場合もあるでしょう。
 しかし、「捜査」の段階である国税局の犯則調査のときから弁護士に依頼をして、検察庁への告発を避け、告発後の検察庁の捜査や起訴後の弁護に備えておく方が、検察庁に告発されたり起訴されたりした後になって弁護士を探したり相談するよりは、とても有利でしょう。検察庁に告発された段階で、国税としては脱税の刑事責任があるというストーリーが固まっているからです。
 犯則調査の段階で弁護士に相談するというのは、犯則嫌疑者となった人は気付かない点かもしれません。
 

 犯則調査の事案の依頼を受けた弁護士としては、従前から関与していた税理士とできれば協力して対応したいものです。
 ただ、そもそもその税理士が税法違反の共犯者として疑われているケースもあるでしょうし、共犯とならなくてもクライアントに税法違反の問題が生じるような税務処理を行っていた税理士には問題がないとはいえない場合もありそうです。


 
 国税局から犯則調査を受けた場合は、できるだけ早期に相談・依頼できる弁護士を探ることをお勧めします。



〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/




 
 
 

この記事を書いたプロ

林朋寛

林朋寛(はやしともひろ)

林朋寛プロのその他のコンテンツ

Share

林朋寛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛

北海道コンテンツ法律事務所

担当林朋寛(はやしともひろ)

地図・アクセス