まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
林朋寛

中小企業をとりまく法的問題解決のプロ

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

コラム

不祥事の対応から逃げても

中小企業

2017年12月4日

 先月にタクシーで暴れた弁護士・会社経営者の件です。
 さすがに決着の目処が付いていたり、世間・マスコミは忘れ始めるころかと思っていました。

 つい最近ある席で、その弁護士の事務所や自宅にマスコミが張っているので出入りが容易にできなくて、違うところに住んでいるという噂を聞きました。真偽のほどは定かではありませんが、まだそのような噂がささやかれているということが、世間の関心が消えていないことを示しています。
 (自宅等に張り込むマスコミもやりすぎだとは思いますが。)


 札幌のフリーライターの小笠原淳さんの12月2日のツイートによると、その弁護士・会社経営者は自宅を引っ越したということです。
 自宅を引っ越しても、たぶんマスコミは追っかけるでしょう。
 むしろ、逃げる方がマスコミは追っかけてくるでしょうし、忘れてはくれないでしょう。


 被害者側への謝罪や弁償を進めるのは大事ですが、このような状況になってしまっては、苦しくても記者会見をしないと本人にとっても経営している会社等にとっても傷口が広がっているように端からは見えます。

 社会一般に何かを謝罪するというのではなく、経緯の説明や示談交渉の状況などを説明する機会を設けた方が良いと思います。
 与党の政治家や政府の対応は逃げたり誤魔化したりしても、昨今はそんなに追及されなくなったように思えますが、民間の人とくにそんなに大企業ではない程度でそこそこ社会的地位があったりすると、マスコミのかっこうのターゲットになるように思います。
 そんなターゲットが往生際を悪くしているとマスコミとネットで叩かれます。
 早期に腹をくくって、会見を開いた方が追及は止む方向に行くと思います。



 私もこの事件については、酒席の話のネタとして使うことはあります。
 しかし、さすがに同業者の不祥事はできればもう沈静化してもらいたいと願っています。



〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

林朋寛

林朋寛(はやしともひろ)

林朋寛プロのその他のコンテンツ

Share

林朋寛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛

北海道コンテンツ法律事務所

担当林朋寛(はやしともひろ)

地図・アクセス