まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
林朋寛

中小企業をとりまく法的問題解決のプロ

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

コラム

ドライブレコーダー

事故

2017年8月23日

 前回のコラムでは、交通事故にあった際に、できれば直後の状況を撮影しておくことをお勧めしました。

 自動車を運転する側であれば、ドライブレコーダーを設置しておくことも有益です。
 ドライブレコーダーにどの程度の情報が残っているかは、事故状況しだいでしょうが、
それでも事故前までの速度や走行位置などが分かるでしょうし、衝突時の状況も残っているかもしれません。
 ドライブレコーダーの情報は、運転者の責任を裏付ける証拠になるかもしれませんが、
重要なのは、運転者の責任が無いか少ないことの証拠にもなるということです。
 
 事故なく安全な運転を心がけている皆さんとしては、ドライブレコーダーを設置しておいて、
万一の事故の際は、自分に対する刑事・民事の責任追及から身を守ることに利用すべきでしょう。
 予算や車種に合わせて、高性能で前後に設置できれば良いと思います。

 私は、けっこう前のに自分の車にドライブレコーダーを付けています。幸いなことに、ドライブレコーダーが役に立つような事故に遭ったことはありません。
 ただ、恥ずかしながら、走行の状況が残るというのは、安全運転を心がけるという戒めにもなっている気がします。
 検索してみると、ドライブレコーダーもより安価で高性能になっているようです。

 既に制度があるかもしれませんが、損害保険会社は、ドライブレコーダー設置の場合の保険料を割り引くとかで、設置を促した方が、交通事故の発生時に事故状況を巡って紛争が生じたり長引くコストを抑えられるのではないかと思います。
 また、国は、自動車購入時にドライブレコーダーを設置した場合は自動車の売買時の消費税を減免するとか導入を促進する政策なども考えられます。

 
 ドライブレコーダーは万一の事故時に役立つものですので、その意味では損害保険みたいなものです。
 任意保険のようにドライブレコーダーの設置も広まれば良いと思います。


〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
ブログ http://bit.ly/2eOFTn8

この記事を書いたプロ

林朋寛

林朋寛(はやしともひろ)

林朋寛プロのその他のコンテンツ

Share

林朋寛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-600-2701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛

北海道コンテンツ法律事務所

担当林朋寛(はやしともひろ)

地図・アクセス