マイベストプロ北海道

コラム

リラクゼーション

2021年9月17日

テーマ:こころやからだの余裕

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: リラクゼーション

今回のテーマはリラクゼーションです。
YOUTUBEには「リラクゼーションの誘導」の動画をアップしていますので、合わせてご覧ください。

忙しい毎日の生活、仕事、知らない間に心身が緊張して疲労が残ってしまいます。
急激にかかるストレスは解りやすいですよね。例えば、ショックが大きい時や極度に緊張が高い状態が続くと、身体はあっという間に反応します。

例えば、緊張で胃が痛くなったことはありませんか?消化器系はストレスの影響を受けやすいんですね

ストレスがかかると自律神経の交感神経が優位になります、リラックスしている時には副交感神経が優位になるんですね。実は、胃は副交感神経が優位なっている時に胃酸の分泌が盛んになるんです。

それでは、どうして、緊張して胃が痛くなるか?逆だと思いませんか?
ここが身体の不思議なところでもありますが?交感神経が優位な状態は長く続かず時折副交感神経が優位になることがあるようです。

結局その反動で、胃酸が過剰分泌されてしまうようなんですね。
落差が大きいのが原因ではないかと考えられています。

ですから、極端な緊張を起こさないようにセルフマネージメントが必要な訳です。
一番望ましいのはリラックスしながら集中している状態がパフォーマンスもあがります。

普段からリラクゼーションの練習をしていると、余計な力が抜けて程よい緊張やテンションも維持しやすくなります。
これは、練習が必要です。今回はリラクゼーションの練習のための誘導を作ってみました。
毎日のリラックスタイムにお役立て下さい。


※ お時間を少し取れる時やお休み前のご視聴をお勧めします。
※ リラクゼーションが深まってきましたら、手を握ってみる、他方の手首に触れてみるなど、決まったポーズをとるようにすると、リラックスのスイッチが出来ます。

※注意事項
1.ゆっくりとくつろげる場所でお聞きください
2.リラクゼーションが終わった後に活動される場合は、覚醒運動をしてから動くようにしてください。
お休み前に行う場合はそのまま眠ってしまってかまいません

大通公園カウンセリングルーム
札幌のカウンセリングルームです。心理カウンセリング、キャリアコンサルティングなど、医療・福祉などと連携した支援をしています。カウンセリングでは、森田療法、ブリーサイコセラピー、EFT、キネシオロジーなどクライアントの方と相談しながら様々なアプローチで支援します。

この記事を書いたプロ

富田敏也

心の悩みに寄り添い人と企業をサポートするプロ

富田敏也((株)アクシスリマインド)

Share

関連するコラム

富田敏也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-788-5137

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

富田敏也

(株)アクシスリマインド

担当富田敏也(とみたとしや)

地図・アクセス

富田敏也プロのコンテンツ