マイベストプロ北海道

コラム

人前で緊張してしまう

2021年1月22日 公開 / 2021年2月19日更新

テーマ:精神症状や身体症状

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: リラクゼーションメンタルヘルス 対策

皆さま、こんにちは。今日は緊張についてお話しします。実はこの私もかなりの緊張症です。堂々と人の前で話す人を見たりパフォーマンスをしている人を見ていると、すごいな~と羨ましくなります。とはいうものの、私の小さな頃の大きな夢は「歌手」になることでした。演劇も好きで「役者」になりたいなと思っていたこともあります。そういう思いが功を奏したのか、タイミングが良かったのか、イベント歌手をしたりラジオのパーソナリティも十数年やっていました。

特に、歌を唄うことは大好きで、一人でカラオケボックスに丸一日いても飽きません。ところが、ステージなどがあると直前まで緊張の渦の中にいる感じです。そんなにしてやりたいのかという感じですが、それでもやりたいのです。私の義姉はプロの歌手ですが、姉の仕事にお供して一緒にステージに立つこともたびたびありました。あまりも緊張してうろうろする私に「あんた、クマみたいにうろうろするんじゃない、私まで緊張する」とよく怒られました。(^^;、
あまりの緊張で、胃がキリキリ痛み胃薬を飲みながら何とか場をしのいだこともあります。

大物ミュージシャンにJUJUさんという方がいますね。かなり前ですが、テレビの番組でJUJUさんの密着取材がありました。その中でライブの前後の様子が放映されていました。番組にはとても緊張している様子が映っていました。あんなにベテランの大物ミュージシャンでも緊張が半端ないんですね~でもライブは大成功に勿論終わりました。

ひょっとしたら、堂々と見える人たちですが、全然緊張しないと思っても、実は実は内面は違うのかもしれませんね。

勿論、緊張せずにゆったりと余裕をもって出来たらと思いますし、そうできることもあるかも知れません。しかし、でもあまり、そこを何とかしようとしないようにした方が楽です。自然に起きてしまっている緊張をどうにかしようとすればする程、逆に注意がそこに向いて感覚も強くなり緊張も大きくなってしまうのです。

それよりも、もし、人前で緊張がおきても、それは置いて、でも伝えたいことを言葉にするようにしようと心構えをしていた方が、良い結果につながりやすいのです。

とはいうものの、極度の緊張で声も出ない状態になってしまうようでしたら、それも困りますよね。そこで、ちょっと工夫です。

1、言葉は思いのほか自分に影響しています。前準備として「ま、何とかなるか」「大丈夫」と言いながら、とりあえず深呼吸を繰り返すようにしてみます。
2、きっと力が入っていると思いますので、一旦息を細く長く吐けるだけはいて息を吸いながら肩をぐっと持ち上げて力をいれます。そして息を吐ながら脱力します。
3、舞台の上や人前に出た時に私が試すのは、最初挨拶でちょっと大きめな声を出して深くおじきをしながら息を吐きます。もとに戻る時に息をぐっと吸って、一呼吸おいてから話すようにします。

以前、とある学会で事例発表をしたときは凍るほど緊張しました。演題に上がる前に一度ゆっくりお辞儀をして、演題でもう一度お辞儀をしました。聞いている人達は何やっているんだろうと思われたかと思いますが、実は呼吸を整えていました。時間稼ぎをしていました。

同じようなことを繰り返していると、段々と慣れも出てくるので緊張度合いも多少変わってきます。緊張する場面が無くなる訳ではありませんが、避けずに続けていくことも大切です。

最後に、普段できることとして、リラックスの練習をしておくことも必要です。心理療法で使われるリラクゼーション法は色々ありますので、追々お伝えしますが、自分のリラックスタイムはどこかどこか振り返ってみましょう。お風呂に入っている時とか、音楽を聴いている時とか人により様々です。その時のサインを決めておきます。例えば右手で左手首をつかむとか、ちょっと胸に手を当てるとか、何でも良いですが・・そしてその時に「落ち着いている」と心でつぶやいてあげるようにします。

リラックスしている時に決まった言葉と動作をセットにする瞬間を作ってみてください。からだがリラックス感を覚えていきます。何か緊張した時に、そのサインをするとリラックスのスイッチが入りやすくなります。これは日常で練習しておく必要がありますがとても有効です。

カウンセリングなどではリラクゼーション法を覚えて頂いて、日常で練習してもらいながら身に着けてもらいます。

ということで、今日はここまで

大通公園カウンセリングルーム
札幌のカウンセリングルームです。心理カウンセリング、キャリアコンサルティングなど、医療・福祉などと連携した支援をしています。カウンセリングでは、森田療法、ブリーサイコセラピー、EFT、キネシオロジーなどクライアントの方と相談しながら様々なアプローチで支援します。

この記事を書いたプロ

富田敏也

心の悩みに寄り添い人と企業をサポートするプロ

富田敏也((株)アクシスリマインド)

Share

富田敏也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
011-788-5137

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

富田敏也

(株)アクシスリマインド

担当富田敏也(とみたとしや)

地図・アクセス

富田敏也のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2021-02-19
rss
ブログ
2021-02-19
facebook
Facebook

富田敏也プロのコンテンツ