マイベストプロ北海道
津島篤哉

顧客に寄り添った売却を提案する不動産仲介のプロ

津島篤哉(つしまあつや) / 不動産仲介

株式会社A-ハウス

津島篤哉プロのご紹介

営業経験と専門知識が豊富な不動産仲介のベテラン。世界規模の不動産流通ネットワークも駆使(1/3)

株式会社A-ハウスの代表取締役の津島篤哉さん

不動産に単純な売却はない。豊富な経験と専門知識に裏打ちされた仲介を顧客の視点で実施

 「不動産は同じ条件の物件がないうえ、時期によって価格も変わります。大きな金額が動くだけに、売買には不安が多いでしょう」と話すのは、不動産仲介業を営む「A-ハウス」の代表取締役・津島篤哉さん。札幌市を中心に隣接する石狩市、江別市など、マンションや一戸建て、収益不動産、店舗、ビルなど幅広く物件を手掛け、特に売却力に定評があり、売却に特化したサイトも開設しているそうです。

 不動産の売却は、その購入より営業担当の手腕が問われると言います。というのも、売却の理由が買い替えや転勤、老朽化だけでなく、相続、空き家処分、離婚、訳アリ物件、住宅ローン返済の滞納など、さまざまなケースがあるからです。また「高く売る」「早く売る」というような耳ざわりのいい言葉にはリスクも伴います。

 同社は、営業歴35年以上の津島さんを筆頭に、社員のほとんどが宅地建物取引士を持つ営業20年以上のベテランがそろい、顧客の声に耳を傾け、経験に裏打ちされた知見と優れた機転で不安解消に努めています。さらに、不動産に詳しいだけでなく、相続診断士など社員がそれぞれ得意分野を持っているのも強みです。相続で揉めそうなら弁護士、
残置物の処理には古物査定士を取得した業者など、各分野の専門家や業者も紹介してくれます。

 「不動産に単純な売却はありません。税金や残置物の処理といった各種の手続きや問題が物件ごとに付随しています。けれども、不動産は一生のうちに何度も売買するものではないので、わからないことがあって当然です。私どもでは、お客さまの立場に寄り添ったご提案をさせていただきます」

Share

津島篤哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-066-155

 

※電話番号はフリーコールです。直通 011-614-6000もございます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津島篤哉

株式会社A-ハウス

担当津島篤哉(つしまあつや)

地図・アクセス

津島篤哉プロのコンテンツ