まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
朝原奈津枝

主婦の視点で家計の問題を解決するプロ

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

コラム

基礎から学ぶ マネーの知識  金融ガイドより 4 家計管理

金融教育

2017年11月17日

金融庁『基本から学べる 金融ガイド』の家計管理。

 ☆今回は支出編☆

家計管理の一番のネックは支出管理と言えると思います。
ちょうどこの時期、書店や文具店に「来年の家計簿」が
所狭しと並び、来年こそキチンと家計簿を付けなきゃ…と
思われている方も多いのでは?

支出管理の目的は『現状把握』
大まかな把握が出来ればOKです。

無理に家計簿を付けなくても、ソフト・アプリや通帳管理
など、ご自身に合った手段で、ざっくりとした金額が
分かれば大丈夫です。

支出項目もあまり細分化せず、ご自身が分かり易い形で
大まかに項目を分ければ、管理は楽になります。

ただ、最近は色んな『見えないお金』が出現し、支出管理が
難しくなっています。



この『見えないお金』、ポイントも貯まるし、支出明細も
分かるので便利なモノですが、購入日と支出(銀行口座から
引落)日に時間差があったり、心理的に予算オーバーし勝ち
となったり、デメリットもあります。

特に、家計管理が出来ていない方は注意が必要です。
実際、家計管理が出来ていない理由の一つに『見えないお金』
の多用が挙げられます。
支出の把握が出来るまで『見えないお金』の使用を控えるか、
支出(銀行口座から引落)時に計上するなど、工夫が必要です。


次回は、予算と決算についてお話します♪

この記事を書いたプロ

朝原奈津枝

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ

Share

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ