まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
朝原奈津枝

主婦の視点で家計の問題を解決するプロ

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

コラム

大学受験費用は『早め』『多め』の準備を♪

ライフプラン

2017年1月11日 / 2018年8月22日更新

一月もあっという間に中旬となり、いよいよ受験シーズン突入!!
今週末の14日・15日はセンター試験ですし、私立大学の
一般入試の願書も受付中です。

今年も受験生を抱える我が家でも、出願準備や体調管理で
大わらわ((+_+))
3月まで気の抜けない日々が続きます。




さて、大学に掛かる費用として、授業料や仕送りもさることながら、
受験にかかる費用もバカにならない!!

今は、出願もネットで受け付ける大学が大多数(インターネット出願
のみの大学も…)で、センター受験と一般受験がセット割引されたり、
複数回受験で受験料が割引となったり、出願が気軽に何度も
受験できるようになりました。

また、受験料もカード決済やコンビニ振込(その内電子マネーや
仮想通貨決済も出来るようになるかも)で済ます事が出来るため、
受験出願の『手間』は軽減されました。

しかし、気軽に出願出来るからといって何校も出願すれば、受験料
だけで軽~く10万円超え(@_@)
受験に宿泊が伴えば交通費と合わせて+αα

気づけは受験に掛かる費用だけで数十万って事も考えられます。

例えば・・・私立大学3校受験のケース
   A大学    一般受験2回  35,000円×2=70,000円
   B大学    一般受験1回+センター受験2回 セット割引25,000円
   C大学    一般受験2回+センター併願1回+センター受験2学部
                                セット割引65,000円
         受験料合計 160,000円+手数料+郵送料
はい!お察しの通り我が家の場合です。。




いつも皆さまにはお伝えしている通り
  
  『出るお金は早め・多め』

高校までとはけた違いにお金が掛かります!

昨年10月に中国新聞Cueの経済コラムにも書きましたが、教育費を準備する
「手段」には『収入を上げる』『支出を下げる』『貯める』『殖やす』『借りる』『もらう』
など色々あります。

下のお子様の事やご自身のセカンドライフ費用も考え、しっかり作戦を
練って行きましょう(^^♪

この記事を書いたプロ

朝原奈津枝

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ

Share

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ