まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
朝原奈津枝

主婦の視点で家計の問題を解決するプロ

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

コラム

就学援助 申請もれはありませんか?~マネーの母の今日の一言~

2011年9月25日 / 2018年8月22日更新

今日の新聞に、就学援助を支給対象となった公立小中学校の
児童生徒数が過去最多の155万人となった事が載っていました。

この就学援助、経済的に困っている小中学生の保護者対象に
学用品代・給食費・修学旅行費や、虫歯・中耳炎などの医療費
などを援助する制度で、広島県では22%の児童生徒が支給を
受けています。

しかしこの制度、生活保護もしくは生活保護世帯に近い状態に
ある世帯が対象と規定があるため、我が家は該当しないと思われて
申請していない世帯も多くあるのではないでしょうか?

実際、広島市の平成22年度の「準要保護世帯(各市区町村が生活保護
世帯に近い状態と認定した世帯)」の収入の目安は4人世帯の場合
所得額が約341万円(収入額約495万円!)\(◎o◎)/!
準要保護世帯と言っても、結構な所得額。経済環境が厳しい昨今では、
該当する世帯も多いのではないでしょうか。

それから、この準要保護世帯の目安は、市区町村によって、基準が
まちまちで、例えば福山市の平成22年度4人家族で263万円と広島市と
かなり開きがあります。

転居前は認定されない世帯も、転居したら認定されるケースもあるので、
転居される場合は、転居先の市区町村に確認をしていただけたらと
思います。

せっかくある子供への助成制度、しっかり活用して下さいね(^^♪

この記事を書いたプロ

朝原奈津枝

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ

Share

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ