まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
朝原奈津枝

主婦の視点で家計の問題を解決するプロ

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

コラム

大切な命を守るには… ~マネーの母の今日の一言~

2011年9月12日

9月10日は世界自殺予防デー。
それに伴い、10日~16日までは自殺予防週間として、各地で相談会が
実施されています。

毎年3万人以上にも上る自殺者。
20歳代・30歳代では死亡原因の1位となっており、特に今年
4月~6月の自殺者数は、東日本大震災の影響からか、前年同期の
5~21%ほど増えており、自殺のリスクは高まっていると言えます。

自殺の原因は大きく分けて3つ
●健康上の問題
●経済・生活上の問題
●人間関係

ただ、多くの自殺者は、心の中では「生きたい」という気持ちとの間で
激しく揺れ動き、心理的に追い込まれていく中で、救いが入るのを
待ち望む心が下記の【自殺のサイン】となって表れており、
いかに早くそのサインに気付き、それぞれ問題に応じた専門家に
相談させるかが、命を救う結果に繋がります。

 【自殺のサイン】
1.気分が沈む・自分を責める・仕事の能率が落ちるなどうつ病の症状がある
2.原因不明の身体の不調が長引く
3.酒量が増す
4.安全や健康が保てない
5.仕事の負担が急に増える・大きな失敗をする・職を失う
6.職場や家庭でサポートが得られない
7.本人にとって価値あるもの(職・地位・家族・財産)を失う
8.重症の身体の病気がある
9.自殺を口にする
10.自殺未遂に及ぶ

また、身近に相談できる人や場所があれば、「自殺をしたい」と思っても、
深刻な状況になる前に、解決できる事でしょう。
しかし、意識調査の中で、自殺をしたいと思った事がある人の中で、
相談した事がない人が60%と、相談する事への抵抗や、精神疾患や
精神科医療に対する誤解や偏見が根強く存在するのが現実です。

自殺は防ぐことができます!

皆さんの周り(あなた自身)でサインを出している人はいませんか?
見つけたら、すぐ相談・受診を促してください。
一人一人が自殺予防の主役となる事が大切なのですから…。

この記事を書いたプロ

朝原奈津枝

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ

Share

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ