まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
朝原奈津枝

主婦の視点で家計の問題を解決するプロ

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

コラム

家族への思いやり 『エンディングノート』

2011年6月21日

【死合わせ=しあわせ】

誰もが自分の人生を『有終の美』で飾りたいですよね
ただ、自分の「終末」についてどれだけ考えていますか?

以前より、マネバラ通信やブログで「エンディングノート」について
お伝えしましたが、書くことに対し先延ばしにされたり避けて通られる方が
多いのが現状です。。

でも、もしご自身で意思表示をしなければ…

 ・介護になった時、誰に世話になるか?
 ・認知症になった時の財産管理・後見人は?
 ・医療・介護費用はどの様に支払うのか?
 ・医師からの余命告知は?
 ・延命措置は?
 ・臓器提供は?
 ・葬儀の形式は?
 ・葬儀に誰を呼ぶのか?
 ・お墓は?
 ・法事は?          etc.

これ全てあなたの家族が判断に迫られるのです


そう!エンディングノートを書いておくことは

『自分らしい終末』

を迎えられるだけでなく、

『家族への思いやり』

となるのです


それでも、書き方が分からないから書けない!と仰っているあなた
ご安心下さい


6月26日(日)14:00~16:00 広島市南区段原のセミナールームにて
エンディングノートを一緒に描いて行くセミナーを開催します


30代の方も40代の方の決して早すぎる事はありません
ぜひこの機会に、真剣に自分の『終末』について向き合って見ませんか?
きっと新たな人生観を発見しますよ

この記事を書いたプロ

朝原奈津枝

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ

Share

朝原奈津枝プロのその他のコンテンツ