マイベストプロ広島
菅雄治

ホームインスペクション(住宅診断)のプロ

菅雄治(すがゆうじ) / 一級建築士

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

コラム

新築分譲住宅の2階床傾斜の原因

2021年4月22日

テーマ:新築分譲住宅の住宅診断

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: パーソナルカラー 診断注文住宅住宅購入 諸費用

2階床の傾斜の原因

新築分譲住宅の住宅診断を実施していて
総2階の住宅にもかかわらず
2階の床に傾斜が確認される物件が
確認されました。

以前
Y&Y住宅検査のホームページに下記の内容でアップした様に
新築住宅の2階床の傾斜として
続 新築住宅の2階床の傾斜として
柱の直下率が2階床の傾斜の原因と書きました。
つまり
広範囲に、2階の間仕切り壁の複数の柱の下に
1階の柱が無い事が原因です。
この事を詳しく説明しますと
1階に柱が無い事から
如何にして
2階の柱を支える2階床の梁を架けるか?

1階に柱が無い事で
無理な梁の架け方をせざるを得ないプラン
イクオール(=)
2階間仕切壁の柱の直下率の低さが
大変大きな原因で有る事は
疑う余地は無いと思います。

この事は
住宅のプランを考える建築士も
気が付いている?
かと言えば
薄々は気が付いているかもしれませんが
自分が設計した住宅の床に
傾斜が付いている実際の現場は知らないと思います。

更に
プランを作成しない建築士の
インスペクターの場合は
柱の直下率の事までは気が付かないでしょうね。
何故ならば
Y&Y住宅検査の様な
傾斜チェック図面を作成しないし
そもそも
劣化事象等の原因迄は考えないから。

この直下率が原因で
2階の床の傾斜が付く事を
このコラムに書いて
ホンマに大丈夫なん?
って言われそうですが
実際に有った事なので大丈夫です!
それよりも
心配している事は
今から新築分譲住宅の購入を考えている方に
泣き寝入りをして欲しくない事が一番なのです。

改めて
今迄の新築分譲住宅の住宅診断の
傾斜チェック図面を見直してみましたが
3階建て住宅の場合は
構造計算をしているからなのか?
この様な床の傾斜は有りませんでした。
って言うか
構造計算をしているから
無謀な間取りは有りませんでした。

熊本地震以降は
2階建て木造住宅でも構造計算を実施して
特に
耐震等級3を取得する様に
構造計算の専門家が勧めていますが
耐震等級2の構造計算を実施していれば
今回の様な2階床の傾斜現象は
殆ど無くなると考えます。

今回の纏めとして

柱の直下率は
構造計算をしなくて良い
2階建て木造住宅の場合は
大変重要な項目になりますので
新築分譲住宅の購入を考えている方は
柱の直下率もチェックしてくれるインスペクターに
住宅診断を依頼して
契約の云々を考えましょう!
また
注文住宅を考えている方は
最低でも耐震等級2を取得する方が
床の傾斜に関しては必要と考えます。
構造計算費は
20万円以上はしますが
取得されていた方が良いと思います。

今回は、これで終わりますが
ホームページのブログは
毎日更新していますので
下記をクリックしてみて下さい!
Y&Y住宅検査のブログ

この記事を書いたプロ

菅雄治

ホームインスペクション(住宅診断)のプロ

菅雄治(Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社))

Share

関連するコラム

菅雄治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-208-0128

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

担当菅雄治(すがゆうじ)

地図・アクセス