まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
菅雄治

ホームインスペクション(住宅診断)のプロ

菅雄治(すがゆうじ)

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

菅雄治プロのコラム一覧

今回は、宅建業法改正に伴うインスペクション業者斡旋の進捗状況についてお話をします。写真:基礎を貫通する配管パイプ廻りに断熱材未済 いきなり結論 宅建業法改正スタートから4ヶ月が経ちました。果たして結果はどうでしょうか?インスペクション業者斡旋は義務化になっていますの...

今回は、新築住宅の住宅診断事前チェックとして、図面チェックで耐震性の確認についてお話をします。熊本地震を建築の専門家が調査した結果、今まであまり重要視されていなかった 「直下率」 の数値が建物の耐震性に大きく影響することが判明されました。何故かというと、2000年基...

今回は、前々回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写真 : じゅらく塗り仕上げの下地材継手部分のひび割れ劣化事象部位 「内壁」 についてお話をします。 劣化事象部位 「内壁」 について 構造耐力上主要...

今回は、分譲マンションの「建物状況調査」の疑問についてお話をしてみます。            下の写真 : シュミットハンマー(コンクリート圧縮強度試験)         予定では、「建物状況調査」を上手に利用しよう!の「内壁」のお話をするようになっていましたが、...

今回は、前回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写真 : 床の傾斜をレーザーレベルで計測劣化事象部位 「床」 についてお話をします。 劣化事象部位 「床」 について 構造耐力上主要な部分に係る調査部位...

今回は、「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写真 : 基礎のひび割れ1.40mm以上劣化事象部位 「基礎」 についてお話をします。 劣化事象部位 「基礎」 について 構造耐力上主要な部分に係る調査部位の欄の最...

今回は、中古住宅を購入する時の注意点その五として、住宅設備の各給水栓からの漏水の有無を簡単に確かめる方法についてお話をして行きます。これは、誰でも簡単に出来る事なのですが、ほとんどの方が見過ごしがちです。中古住宅を購入して引越し直後に気付く事が多く、最初に自費...

今回は、中古住宅を購入する時の注意点その四として、サッシ及び木製建具の開閉チェックをする事で、床の傾斜が予測出来るお話を、実例の写真を混じえながら説明してみます。■写真①敷居及び鴨居に扉の擦った跡が確認できます。後から床の傾斜を計測したら、この敷居の両端の床の傾...

今回は、住宅ローン減税を利用して、「住宅診断」をしましょう! についてお話をします。            下の写真 : ユニットバス間仕切り基礎スリーブ穴の断熱材未済ここでは、木造住宅についての内容です。非木造の場合は、20年を25年に置き換えて読んで下さい。中古住宅...

今回は、中古住宅のインスペクションに於いて、床下に入っての調査は必ず必要だというお話をします。この建物は、築32年の木造2階建て住宅です。床・壁の傾斜測定の結果、及び建物の廻りの環境から不同沈下は考えにくいと思われる物件でした。上の図面は、基礎のクラックについて...

今回は、築23年の軽量鉄骨住宅の住宅診断事例についてお話をして行きます。この建物は、スムストックの商標で物件紹介されていた為、物件を見に行ったそうです。スムストックにも関わらず建物の傷みが気になり、不安になって住宅診断の依頼を頂きました。 気になる事象として ①ガ...

今回は、「安全R住宅」の商標が付いた中古住宅を購入する場合、何に注意したら良いかを、今まで買取再販事業者が販売した中古住宅の「住宅診断」を実施した結果からお話をして行きます。 「安全R住宅」とは 簡単に説明しますと、平成29年12月1日に国土交通省は施行した 「安心...

今回は、新築工事の 「 住宅診断 」 で良く見かける 「 4つの事象 」 のお話をして行きます。            下の写真 : 新築住宅床下断熱材に開け間違えた大きな穴新築住宅だからとか、ハウスメーカーだから 「住宅診断」をしなくても大丈夫と皆様は思われるでしょう。...

今回は、前回に続いて「建物状況調査」の不備についてお話をします。            下記写真 : 不同沈した建物の床下間仕切り基礎のひび割れ「建物状況調査」で現実的に問題が起こりうる事をシミュレーションしてみます。題材は、「建物状況調査の結果の概要」に記載さ...

今回は、「建物状況調査」の実態についてお話をして行きます。この図面は、実際に「住宅診断」をした建物で、総合判定に於いて、建物の近くの法面側に不同沈下をしていると報告書に書いて、依頼者に説明した物件です。これを「建物状況調査」の報告書に当てはめた場合は、基...

菅雄治プロのその他のコンテンツ

Share

菅雄治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-273-2325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

担当菅雄治(すがゆうじ)

地図・アクセス