まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
田中法人

住宅購入相談のプロ

田中法人(たなかのりと)

株式会社 サンクティ

田中法人プロのコラム一覧:中古住宅

中古住宅

2017-08-27

中古戸建住宅を検討しているが不安がぬぐえないという方は多いはずです。いかに希望立地で、手頃な予算で、適当な間取りの住宅であってもです。一方で、住宅診断を業としている私たちからすればお宝のような程度の良い中古住宅も多く販売されているという事実もあります。こ...

中古住宅

2016-12-05

完成されたものを購入する中古住宅契約して住宅ローンを申し込んで引渡しを受ける。このように単純なようにも感じます。しかし、新築と違いそもそも住宅ローン減税を受けることが出来るのか?うけるためにはどのような準備が必要なのか?しっておかなければならないこと。売主...

中古住宅

2016-11-26

優れた商品に価値を積み重ねることでビンテージと呼ばれる。住宅にも数は少ないけれどビンテージ住宅と呼ぶにふさわしい住宅はある。中古住宅を購入してリフォームを加えることで新築には無い魅力あふれる住まいに変化する。この連鎖が豊かな暮らしにつながり富みの積み重につ...

中古住宅

2016-11-20

ここ数年、新築住宅からストック住宅へと大きく変化している住宅市場。補助金や瑕疵保険住宅ローンの柔軟性まで数年前とは比べ物にならないほど整備されてきました。一方で、この変化の認知度といえばまだまだ、一般の方まで浸透しているとはいえません。せっかくの制度を知...

中古住宅

2016-11-15

中古住宅を選択する理由はいつの時代も価格適切だからという理由です。では、価格が適当とは何を根拠としてのお話しでしょうか。安いからと飛び付いた結果①立地(ロケーション)②価格③建物(空間)この重要なバランスを見誤っていまいます。中古住宅を購入するには...

中古住宅

2016-11-12

平成27年度住宅市場動向調査報告書によると、中古住宅を購入した68.8%の方が「価格/家賃が適切だったから」と回答しています。住居費が低く抑えれれば残りの生活は断然豊かになります。一方で、リフォーム費用や住替え計画などライフプランに沿った暮らしのためには中古住宅だか...

中古住宅

2014-02-17

どんな物も劣化します。いくらお金をつぎ込んだ建物も同様です。建物の劣化症状は木造住宅では、「風化」「摩耗」「腐朽」「虫害」などがあげられます。特に、「腐朽」「虫害」に関しては、構造上の耐久力さえも低下させてしまいます。絶対に防がなくてはなりません。(防げなかった中古住宅...

中古住宅

2013-12-19

中古住宅を取り巻く環境は激変しそうです。しかし、そんなこと言っても、判断するのは自分自身。そこで、中古戸建見学時のチェックリストをまとめてみました。【住宅・建物の向き】日当たりのいいお部屋は明るく人気があります。見学時には日照を観察するのと合わせて、室内...

中古住宅

2013-09-23

中古住宅+リフォームの今後はホームインスペクション(住宅診断)から始まる。少しかたいお話からすると、平成22年6月に閣議決定された新成長戦略において、観光立国・地域活性化戦略の一つの柱として、ストック重視の住宅政策への転換が位置づけられました。新築中心の住宅市場から、リフォー...

中古住宅

2013-01-14

前回の記事は、団地の中古住宅にも目を向けよう!そんなお話しをさせていただきました。前回の記事http://mbp-hiroshima.com/sancty/column/6068/ 築年数30年前後の利用出来るはずの建物が「日本の建物寿命は30年」と、根拠もあいまいな話により、「タダ」同然、、場合によっては解体費を差し...

中古住宅

2013-01-06

新年あけましておめでとうございます。今年は、団地問題に真剣に取り組んでいこうと思います。そこで、予定であった次回の続きの前に、(http://mbp-hiroshima.com/sancty/column/5999/)何故、団地問題に取り組む必要があるのかということを自分なりにまとめてみました。時間があればお付き...

中古住宅

2012-12-17

前回の記事の続きです。前回の記事⇒http://mbp-hiroshima.com/sancty/column/5973/中古住宅を視野に入れれば、今まで以上に暮らしの選択が広がっります。しかし困ったことに、中古住宅を安心して購入するためには、正しい判断と知識が新築住宅以上に必要です。前回の記事に書いたように、中古...

中古住宅

2012-03-03

国土交通省が優良な中古住宅の認定制度を構築する方針です。目的は住宅ストックの質の向上、中古流通の促進のためということです。すでに、首都圏では中古マンションの取引量が新築マンションを上回ったとも言われています。しかし、全住宅流通量に占める流通シェアーはわずか13.5%程度(...

田中法人プロのその他のコンテンツ

Share

田中法人のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22

田中法人プロのその他のコンテンツ