まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
田中法人

住宅購入相談のプロ

田中法人(たなかのりと)

株式会社 サンクティ

コラム

住宅購入のダンドリで最初に決めておきたいこと。

住宅購入必勝法

2016年1月30日

住宅購入のダンドリで最初に決めておきたいこと。

住宅は人生で一番大きな買い物です。絶対に失敗したくありません。誰もが慎重に購入準備をすすめたいと考えます。だけど、この買物が難しい。ネットで調べても、販売している人に聞いてみても、誰も言うことが違います。慎重に準備をするまえに疲れ果ててしまう方も少なくはありません。

何故でしょう?例えばカメラを購入しようとすると、風景を撮りたい。子供たちを撮りたい。どのように?こんな流れですよね。購入する目的と手段を価格から選択し自分に合った商品を選びます。そこには、カタログで比較検討も出来るよう他メーカーの商品と比較しやすい基準が用意されています。面倒だからと店員さんに聞いてみれば、それぞれの特徴を的確に指摘してくれます。目的と手段と価格から自然と商品が選択できます。ネットのレビューもとても参考になります。

住宅にもカメラ同様に長期優良住宅や省エネ性基準や耐震性基準など数値で示せる基準はあります。ただし、その基準がスタンダードではありません。それら基準の中でも断熱材や構造材による違い。それはそれは気が遠くなるほど千差万別です。しかも、販売する側は自社の商品を販売することにばかり力を入れてくるでしょ。

それでなくても、生涯を左右するような大きな買い物なのに一体どの情報を信用すればいいのか分からないという声をよく聞きます。

残念ながらこのような状況が現実です。だからこそ住宅購入には正しい『ダンドリ』が必要なのです。

住宅購入の目的を見つけましょう。


その段取りの最初に考えるべきは、カメラ同様に住宅購入にも目的が必要なのです。



良くある、家賃がもったいないというのも目的に違いません。しかし、これは目的というより購入動機という方が適切でしょう、仮に10年後売却しなきゃならないということがおきれば、家賃を支払っていたほうが余程得だったということ事例は数えきません。10年間快適に暮らすということが目的であれば購入するにしても違った購入の仕方があったはずです。もしかすると購入すべきじゃなかったのかもしれません。このように考えれば決して家賃はもったいないというものではありません。むしろ利用価値として支払う対価とすれば適切な金額ともいえます。

お金の話だけではありません。間取や物件場所、環境にいたるまで、暮らしの目的が見えなければ豊かな暮らしとは程遠いものを購入してしまいます。

目的達成のためにノイズをゴミ箱に捨てましょう。


住宅購入の目的を達成するためには、お金の問題をはじめ情報取得の質など簡単に解決できるものばかりではありません。ですが、目的を見つけることで住宅購入の軸が決まるのは間違いありません。集中して具体的な情報を召集するからこそ質の高い情報が取得できるといえます。いらぬ情報はノイズでしかないのです。不要な情報を排除し購入に向けた時間も頭の中も集中することが大切です。

まとめ


住宅は選択肢も多く情報にあふれています。それでいて経験したことのない買物です。だからこそ、迷い、悩み、どの情報を信じていいかわからなくなるのです。その先によくある選定基準。営業マンが良くしてくれたから!この理由が選択理由になるのは健全といえるとは思えません。

選定基準は自分自身の利益以外不要ではないでしょうか?

自分の利益に通じる情報かどうかを判断するには、一つ一つの情報を精査することにつきます。

そのためには、

不要な情報に惑わされない。
集中して住宅購入の目的を達成する。

自分の利益にならない情報はゴミ箱に捨てましょう。

住宅購入は、色々なことを整理しまとめるのはとても苦労します。 また、イメージも膨らみすぎてついつい無理しすぎるといったことにも注意が必要です。

 当社は広島市を中心とし、注文住宅をはじめ住宅診断、耐震診断等のコンサルティングのサービスをご提供しております。 購入者の目線から情報を提供し、サポートさせていただく事が可能です。 広島市周辺で住宅購入をご検討されているなら、お気軽にご相談ください。



後悔しない家選び《無料メール講座》はこちら
http://sancty.jp/lp/

日々のブログはこちら
http://ameblo.jp/sancty/

広島の住宅購入相談はこちら
http://sancty.jp

この記事を書いたプロ

田中法人

田中法人(たなかのりと)

田中法人プロのその他のコンテンツ

Share

田中法人プロのその他のコンテンツ