まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
田中法人

住宅購入相談のプロ

田中法人(たなかのりと)

株式会社 サンクティ

コラム

団地の中古住宅にはこんなにメリットがある。

中古住宅

2013年1月14日 / 2014年9月7日更新

前回の記事は、団地の中古住宅にも目を向けよう!そんなお話しをさせていただきました。前回の記事http://mbp-hiroshima.com/sancty/column/6068/

 築年数30年前後の利用出来るはずの建物が「日本の建物寿命は30年」と、根拠もあいまいな話により、「タダ」同然、、場合によっては解体費を差し引かれる金額で売買されています。

そんな住宅が多く存在する団地に目を向ければ、現時点では寂れた「感はあっても、もともとの計画は、明るい未来を信じ未来永劫、栄えにぎあう計画です。学校、商業施設…生活に必要な施設が存在しています。ポテンシャルは高いのです。

残念ながら現時点では、働き方の変化により車通勤から公共交通機関での通勤が必要となったり、近所のお店より大量の商品であふれ、車で乗り付けれる大型スーパーへと、便利になった分、暮らしたいと思う場所が変化しています。

本来、戸建て住宅の魅力である、ガーデニングできる庭、子供たちが走り回れる庭は、草むしりが必要な面倒なものと捉えられ、ゆとりある空間は、無駄に広く値段も高いといった風に捉えられています。





しかし、団地には駅近や都心にはない、窓を開ければ通りすがりの顔見知りと挨拶をかわせ、外に出れば、車も通らない道路で井戸端会議をする。団地内の共用地である公園では、庭や自宅以外で時間と空間を共用できます。仕事や利害だけで過してきた過去の反省を踏まえ、暮らす場所にも親交を求めることが求められていると考えるのです。

また、人は本来、人生の各段階における正常な成長には、それぞれの段階でほかの全ての世代や団体との接触が必要とされているとのことです。古くからの団地には当然に高齢者が多く、自分と同じ世代や同じ生活スタイルの人たちの近くにいたいという欲求とは別かもしれません。しかし、子供たちの健全な成長のためにも、通りすがりの人ととのふれあいを、同じ街に住むという関わりの中で体験できるということも大きなメリットです。




このように、ポジティブに考えることができれば、団地の中古住宅を選択するということは次の点でさらに有利とになります。

1 なんと言っても建物価値は「タダ」安価です。
2 周辺環境が整備されている「こんなはずじゃなかったのに」はない。
3 ライフプランを計画するのに立案しやすい。

マイホームとは新築注文住宅だけではありません。
団地の中古住宅に目を向けることで、幅広い選択の中から暮らしを見つめてみる。意外に見落としていた何かを発見できるかもですよ。


今日も、お金のお話しまで行きませんでした。
この流れでは、どうしても日本の住宅が何故短命なのか?本当に短命なのか?についてコメントしたいと思います。もう少しお金の話は先になりそうです。

後悔しない家選び《無料メール講座》はこちら
http://sancty.jp/lp/

日々のブログはこちら
http://ameblo.jp/sancty/

広島の住宅購入相談はこちら
http://sancty.jp

この記事を書いたプロ

田中法人

田中法人(たなかのりと)

田中法人プロのその他のコンテンツ

Share

田中法人プロのその他のコンテンツ