まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

前田政登己プロのコラム一覧:二世帯リフォーム

その他に相続時に揉めないポイントとして、「生前贈与する」が上げられます。子世帯への生前贈与には次の3つがあります。①暦年贈与②相続時精算課税制度を利用③住宅に関わる資金の贈与を受けた場合の非課税制度贈与税は、1年間に110万円の金額の範囲ではかかりません。「暦年贈与」として、...

二世帯リフォーム計画時、相続で兄弟間で揉めないポイントとして、1.兄弟間での土地の共有名義は避ける二世帯住宅の場合、父親名義の土地に、子世帯の名義で住まいを建てたり、子世帯が借入して二世帯リフォームをするので、名義を入れたりすることはよくあります。もし、父親が無くなった場合...

親の将来の介護が心配で二世帯に住んだのに、相続時に兄弟でトラブルになったのでは面白くありません。そのような事がないためにも相続財産の把握はしておきましょう。主なプラスの財産としては、土地、建物、預貯金、有価証券などがあります。また、財産にはマイナスの財産もあり、借入金や税金...

二世帯住宅の場合、子世帯に兄弟姉妹がいると将来の相続についてあらかじめ考えておかなければなりません。 計画段階では、兄弟姉妹も「親の面倒を見てくれるなら」と賛成しても、いざ相続の問題が発生すると自分にも相続の権利があると後から主張することはよくあることです。 一般的には土地...

二世帯住宅リフォーム「登記」や「名義」はどうしたらいいでしょうか?ローンや税金問題(贈与税・固定資産税)などが関わってくるので考えておいた方がいいでしょう。まず、二世帯住宅リフォーム後の登記には「単独登記」「共有登記」「区分登記」の3種類があります。・単独登記二世帯住宅...

二世帯では電気の使用量が一世帯とは全然違いますので電気の容量にも注意が必要です。特に大きいのがエアコンとオール電化。最近では各々が個室でエアコンを使ったり、IHクッキングヒーター、エコキュートなど電気容量の多い設備機器が使われます。分電盤の取り換えや、各世帯の生活パターンも...

二世帯にリフォームする場合、水道メーターの事も考えなければなりません。水道メーターの口径は13mm、20mm、25mmといくつかのサイズがありますが、その大きさによって取付可能な蛇口の数も決まってきます。現在は、ざっと考えただけでもキッチン、洗面所、お風呂、トイレ、洗濯機用と1世帯で5か...

二世帯住宅が建てられるかどうかをまずチェック親の土地に二世帯住宅が建てられるかをチェクしましょう。建築できる大きさの上限は、建蔽率率と容積率からどれだけの大きさの建物ができるかはわかります。建蔽率 敷地面積に対する建築面積の割合容積率 敷地面積に対する延べ床面積の割合...

「二世帯住宅に建て替えよう!」「二階を増築して二世帯住宅にしよう!」という二世帯住宅の建替えやリフォームをお考えの方は最近増えています。でも、事前にきちんと確認をしておかないと、法的な問題がクリアできない事があります。「建築基準法」「都市計画法」「消防法」「宅地造成等規...

二世帯住宅のパターンとして、「完全分離型」「一部共有型」「完全共有型 」とがあります。「完全分離型」とは、共有スペースを全く作らずに、完全にプライバシーを尊重する環境です。具体的には、玄関が2つあったり、キッチン、バス、トイレなども2つあるような感じです。建物は横同士や1階2...

「二世帯住宅を建てたい」「二世帯にリフォームしたい」という若い方がここ数年目立って増えてきました。その理由は何でしょうか?簡単に言うと「経済的なメリット」「親世帯の介護」「共働きによる家事育児の支援」など双方の思惑がうまくからみ二世帯にする方が増えています。リクルートの調...

築40年の家を二世帯リフォームして住まれている佐伯区のK様の事例です。広い土間部分やくみ取り式のトイレなど、昔ながらの家の造りに不便さを感じていたKさん夫婦。二世帯で暮らしているものの、家族全員で食卓を囲むことさえ難しい現状の改善と今後を考え、大幅リフォームを決断。子どもがのび...

二世帯リフォームをして住む場合、ローンを組む事が多いと思いますが、どのような組み方があるのでしょうか?概ね「親子ペアローン」で行う場合と「親子リレーローン」で調達する2つの方法があります。 ●親子ペアローン親と子が同時に別口で借り入れるローンです。二世帯住宅が完全分離型で区...

二世帯リフォームのメリット・デメリットをそれぞれあげます。●メリット・建築費が抑えられる水回りや部屋を共有することになりますから、2軒建てるより工事費はずっと安くなります。特に、子世帯は戸建て新築を購入しようとしても予算的に難しい場合がありますが、親世帯の家をリフォームす...

二世帯リフォームをするにあたってバリアフリーリフォームはおさえておきたいポイントの一つです。最初からフル装備にするのではなく、必要になった時必要なことを施せるように可変的に準備しておくことが大切です。二世帯リフォームに必要なバリアフリーを下記に掲載します。①手すりの設置は...

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ