まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

前田政登己プロのコラム一覧:補助金・減税

「住宅減税 最大400万」2013年度の税制改正で住宅ローン減税の内容がほぼ固まりました。今年末に期限が切れる住宅ローン減税を4年間延長し、所得税などから差し引くことが出来る最大の控除額を400万に上げる方向で調整に入りました。400万円の控除額は14年4月から17年末までの入居に適用され...

先日の新聞で、「住宅購入に現金支給へ」という記事が出ていました。2014年4月の消費税増税後にローンを利用して住宅を取得する人を対象に現金を支給するというものです。現在の住宅ローン減税は13年末に終了する予定でしたが、延長し、さらに補う形で住宅市場の落ち込みを防ぐという考えです。...

「住宅セーフティネット整備推進事業」が先週開始されました。「住宅セーフティネット整備推進事業」とは、簡単に言うと3か月以上あいている空家をリフォームすると、最大100万円の補助金が下りるというものです。空き家を抱えているオーナーさんにとっては非常に朗報な補助金制度です。対象住...

今年も「既存住宅流通・リフォーム推進事業」補助金の申し込みが開始されました。国交省の「中古住宅・リフォームトータルプラン検討会」の中にもある、中古住宅流通とリフォーム市場を8年後に現在の倍にするという方針のもと行われています。簡単に言うと、「既存住宅流通・リフォーム推進事業...

住宅市場の活性化と住宅の省エネ化を推進しながら、東日本大震災の復興支援を計るため「復興支援・住宅エコポイント」が復活しました。対象となる工事は、窓の断熱改修、外壁、天井・屋根床の断熱リフォームと、同時に行うバリアフリーリフォームや耐震リフォームです。ポイントは合計が上限30...

省エネリフォーム減税も、住宅ローン控除、投資型減税、固定資産減税の3種類があります。それぞれ適用期限も控除率もほぼバリアフリーリフォームと同じです。主な適用要件は、①省エネリフォームを行ったものが自ら所有し居住していること②次の要件をすべて満たすこと・すべての居室の窓全部...

バリアフリーリフォームには、「ローン型減税」「投資型減税」「固定資産税減額」の3種類があります。「ローン型減税」は2013年12月31日までで、控除期間は5年間、控除率はバリアフリーリフォームにかかる工事費相当額の2%(対象限度額200万)。また、バリアフリー以外の工事部分hあ1%(対象限度...

耐震リフォームをした場合に減税制度があります。住宅ローンを利用してリフォームした場合10年間、年末ローン残高の1%が所得税から控除されます。それ以外にも「投資型減税」と「固定資産税の減額」があります。「投資型減税」とはローンを使わずに一括でやった場合の減税で、対象限度額は200万...

「登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」にも特例が適用されています。所有権保存登記・所有権移転登記など住宅用の家屋の登録免許税の税率は、本則より引き下げられています。「所有権保存登記」は、本則は0.4%ですが、一般住宅は0.15%、長期優良住宅と認定省エネ住宅派0.1%です。ただ...

親や祖父母から住宅取得資金の援助を受けた場合、贈与税から一定額の控除が受けられます。2012年は省エネ性、耐震性を満たす住宅について、非課税枠が1,500万に引き上げられます。これ以外の住宅は2011年と同じ1,000万です。裾野の広い住宅産業において何とか家に使ってもらおうという国の方針...

2012 リフォームにまつわるお得な話1.住宅ローン減税 住宅ローンを利用して家を建てたり、リフォームすると、一定の期間、年末のローン残高に応じて所得税の控除が受けられます。これが一般に「住宅ローン減税」と呼ばれます。入居した年から10年間、ローン残高の1%相当額が所得税から控除...

住宅エコポイントが本日着工分より復活しました。住宅市場の活性化と住宅の省エネ化を推進しながら、東日本大震災の復興支援を計るための今回の復活です。第3次補正予算は1,446億で来年の10月31日までの工事が対象です。前回の住宅エコポイントと内容はほぼ同様ですが、一部変更となっていま...

先日、菅首相は震災後復興財源という目的も加わり消費税引き上げに向けた本格化な動きを発表した。早ければ来年度から実施される可能性もある。「社会保障改革に関する集中検討会議」がまとめた社会保障案では消費税を段階的に引き上げ、15年度に10%とする方針を明示した。早ければ来年度にも2~...

昨日の新聞にも掲載されていましたが、住宅エコポイントの工事対象期間が5ヶ月間短縮され、7月末で終了します。現在駆け込みで申し込みをたくさんいただいています。先日発表された、国交省のホームページですhttp://jutaku.eco-points.jp/newsrelease/period.html「重要なお知らせ 住宅...

先日、広島県では子どもや高齢者,障害者がいる家庭での事故防止や生活環境の向上を図る目的として,リフォームに要する費用の一部(最大10万円)を県が補助する「子育て・高齢者あんしん住宅リフォーム普及促進事業」を発表しました。http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1303290631374/index....

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ