まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

コラム

リフォーム 業者選びのポイント 25 「会社に対する想いはどうか?」

業者選びのポイント

2013年4月29日

 「会社に対する想いはどうか?」

 先日、お客様から当社スタッフがこのようなことを聞かれました。
 
 「社長さんのことをどう思いますか?」
 「あなたは会社のことをどう思われていますか?」

 従業員が社長のことをどう思っているか、会社のことをどう思っているかでその会社の姿勢がわかると思います。素晴らしい質問だと思います。

 従業員が会社のビジョン、経営者の想いを語れるようであれば素晴らしい会社だと思います。私も実は、新入社員の面接のときにこのように聞きます。

 「お父さんのことをどう思っていますか?」
 「小学校高学年のときの家庭の思い出を教えてください」

 何でこんなことを聞かれるのかと思ったかもしれません。でも、その答え方でどんな環境で育てられたかがわかります。

 いい環境で育つことはその人の人間形成に大きく左右します。ただし、環境というのは経済的に恵まれているとかそんなものではありません。

 どんな状況におかれても、「自分自身は恵まれている」「周りの人に感謝している」という思いがその人から滲み出ているかどうか。そのことが大切なのだと思います。親に感謝している人は人間的にも素晴らしいと思います。

 キッチンがいくらかかるかとかという質問よりもこういう質問のほうがその人の姿勢、会社の躾が瞬時にわかっていいと思います。

 他には「あなたは何故この仕事をしているのですか?」「あなたは、何故この会社に勤めているのですか?」このような聞き方もあると思います。

 その時にどう答えるか?

 「食べていくため」「家族を養うため」いろいろとその理由はあると思います。しかし、このような理由を言われたとしても、もしあなたがお客様でしたらその人から買おうと思いますか?

 そうですよね、あまり思わないですよね。自分の都合で働いているというよりも、何かそこに仕事に対する想い入れのようなもの、特にお客様に対する情熱が感じられないと人はなかなか動かされません。

 深く考えないと出てこないような言葉ではなく、うわべだけの言葉でもなく、瞬時に自分の気持ちや想いが伝えられるスタッフがいる会社は環境のいい会社だと思います。

「会社に対する想いはどうですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

この記事を書いたプロ

前田政登己

前田政登己(まえだまさとみ)

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ