まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

コラム

リフォーム 業者選びのポイント 22 「得意工事は何か?」

業者選びのポイント

2013年4月17日

「得意工事は何か」

 リフォームと一口に言っても、水漏れの補修から、器具の取替、テレビに出てくるような全面改装までさまざまです。金額で言えば数千円から一千万超まで。建物も木造もあれば、軽量鉄骨、マンション、店舗までさまざまあります。実際は、これらの全てを扱っている建築屋さんが多いのです。

 それは、建築業界はアウトソーシングの部分が多く、自社にノウハウが無くても外注でどうにかしようと思えばどうにかなる部分がありるからです。

 外壁や屋根を主にやっていた会社がお風呂を受注してもどうにかできますし、内装の専門店がマンションの水廻りリフォームの仕事が来ても何とか受けることができるのは横のつながりがあるからです。

 しかし、「できる」ということと「満足してもらう」ということは違います。

 水廻り全面改装の場合、必要なのは提案と施工の知識です。お客様の思いに沿った最適な商品の選択とそれに必要な施工知識。特に配管周りは見えない部分であり、先々安心できる工事が必要です。また、水廻りが使えないと言う事は非常に不便でそれを最低限に抑える効率的な工事段取りが必要です。それらに熟知していないといざ工事が始まった時にトラブルがおきやすいのです。技術に関しては職人さんはプロですが、段取り、提案、アフターなどすべて受ける会社しだいです。

 似たようなケースで普段は木造ばかりやっている工務店がマンションリフォームを行なうと出てくるトラブルもあります。大工工事とか段取りはいいのですが、マンション特有の問題、それは管理組合、音、埃、駐車場、ゴミなど直接工事に関わっていないような問題が多いからです。それらに慣れているかどうかが重要です。しかし、「マンション?あーできますよ」といっている会社が多いのが現状です。

 「モチはモチ屋」と言う言葉がありますが、やはりそれぞれに得意工事があり、今考えている工事がその得意分野に入っている業者なら相談してみる価値はあります。

 新築が得意な工務店、リフォームが得意なリフォーム専門店、水漏れやパッキンの取替が得意な水道屋さん、木工事が得意な大工さん、内装工事が得意な内装屋さんそれぞれに得意分野があります。

 チラシを見ると全部書いてはいますが、「お宅は何が得意なのですか?」と聞いてみましょう。その時に「全部です」と応える業者は気をつけたほうがいいかもしれません。「全部」ほどあいまいなものはありませんからね。「何でもできる職人」ほど「何にもできない」というのがこの業界でよく言われていることなのです。ぜひ、何が得意な工事なのか聞いてみてください。

この記事を書いたプロ

前田政登己

前田政登己(まえだまさとみ)

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ