まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

コラム

リフォーム 業者選びのポイント ⑩ 「中古+リフォームの場合の業者選びは?」

業者選びのポイント

2013年3月7日

「中古+リフォーム、どんな業者さんにいけばいいのでしょうか?」

 中古物件を購入してリフォームしようとした30代前半のA様一家。

 中古の戸建を購入しようと思いまずはチラシを見て不動産会社に電話して物件を見て廻りました。「これは、いい物件ですよ!」と営業マンに薦められたがやはり数件では不安と思い他社も見ているうちに結局10社廻って15物件見たそうです。

 そして、最終的に出た答えは「よくわからない・・・・」

 もちろん、立地条件や交通条件などご家族で決定できる部分はありますが、実際その物件が自分にとっていいかどうかは現地を見ても説明を受けてもよくわからなかったと言われていました。また、間取りの問題や水周りの問題、内装の老朽化からリフォームを前提に購入する場合、借り入れの相談で銀行に行くのが先か、物件の相談で不動産屋さんにいくのが先か、リフォーム会社に行くのが先か悩んだと言われました。

 物件探しに関しては不動産業者に頼むのが一般的ですが、不動産業者にもいろいろあって、賃貸専門、売買仲介専門、新築分譲専門などいろいろあります。

 もちろん、横の繋がりで情報交換はできますが、自分が希望している物件に強い業者がいいと思います。リフォームを前提として中古を購入する場合は、そのような実績が多い会社もしくは売買仲介とリフォームが専門の会社などがいいかもしれません。特に、エリアに強い会社は小学校区、中学校区で探す場合も情報をたくさん持っている可能性はあります。

 もちろん、どんなに情報をたくさん持っていても、きちんと対応してくれなかったり情報を出してくれないようでしたら良い物件も見逃してしまいます。良い物件が出たらすぐに情報をくれそうか、購入後どんなリフォーム提案をしてくれそうかもチェックしましょう。

 購入物件が決まったら金融機関にローン審査を申し込みます。

 一般的には物件の売買契約後になります。購入物件が決まったらリフォーム会社に物件を見てもらいリフォーム金額がいくらになるか正式に見積もりをもらってください。

 その場合、「予算」と「自分のやりたい事」が相反する事があるので優先順位をつけて行ってください。また、不動産屋さんについているリフォーム会社は比較的「リフォーム」というよりも「リフレッシュ」が得意なケースが目立ちます。

 つまり、間取りの変更やデザイン提案よりも、塗替え、張替えなどが得意なケースが多いようです。ある不動産業者に聞いたらどうしても「早く売りたい」という気持ちが「早い」「安い」と言う点ではいいかもしれませんが、そう何度もできる機会ではなく、夢にまで見た我が家の家族の居場所を持つのであれば、ぜひそのあたりも慎重に考えてみてください。

 入居前なら簡単な事でも、入居してから「やっぱり、ここもやろう」となると、住みながら、荷物がありながらなので条件的にも大きく変りかねません。不動産屋さんも目の前の物件をとにかく「売りたい」という思いが出ると見て廻るお客様も何がいいのかわからなくなって迷ったりします。

 「早く売りたい」と言う思いの強い業者ではなく住む人の将来を考えてくれるような業者に出会えたらいいですね。 物件購入から一緒に動いてくれるリフォーム業者を探しましょう。

この記事を書いたプロ

前田政登己

前田政登己(まえだまさとみ)

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ