まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
前田政登己

家族を幸せにしてくれるリフォームのプロ

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

コラム

マンションリフォーム 広島 ⑨ 「スケルトンリフォームのメリット」

マンションリフォーム

2012年3月20日 / 2014年7月4日更新

「スケルトン」とは骨組のことで、設備の入れ替えや部分的なリフォームではなく、住まいを一旦、スケルトン(骨組)のみ残して、内装や設備をまるごとフルリフォームする方法です。



マンションの場合、通常のリフォームでは配管の位置が変えられないなどの成約があり、大きく間取りを変更できませんが、スケルトンリフォームなら既存の間取りにとらわれず、フルリフォームが可能です。

スケルトンリフォームは、中古マンションなど住まいをまるごとフルリフォームするので、通常のリフォームに比べ、多くのメリットがあります。

スケルトンリフォームのメリット

・間取り全体を変更可能

・水まわりの位置も変更可能(ただし、給排水管の位置によって制限あり)

・配管を取り換えることができ、水漏れの心配がなく長期的に見て安心

・壁、床、天井に断熱材を入れることができるので断熱性が高められる

・電気配線やLAN配線を新たに入れることができ好きな位置に取り付けできる

・住みながら、将来的に何度もリフォームするよりは一度にできる

設備機器や配管・配線まで全て取り替えることができる為、リノベーション後も安心して暮らすことができます。築20年以上のマンションをリフォームするときに心配なのはやはり配管です。

最近では、「さや管ヘッダー工法」と呼ばれる配管が主流です。「さや管」と呼ばれる蛇腹の中にポリブデン製の樹脂管がヘッダーから水栓まで継ぎ目がないので水漏れがなく、将来的に配管を替えるようになっても本管だけ取り換えればいいのでメンテナンスが容易です。



また、外壁面に断熱材を吹くことによって断熱効果を高めることができます。冷暖房費も節約できます。



中古マンション購入の場合などは、できるならば、スケルトンリフォームで考えてみるとよいでしょう。
 

この記事を書いたプロ

前田政登己

前田政登己(まえだまさとみ)

前田政登己プロのその他のコンテンツ

Share

前田政登己プロのその他のコンテンツ