マイベストプロ広島
  1. アメリカ市場6日振りの反発・・・【ライフプランの相談は広島のマネースミス】
吉野裕一

夢実現プランナーのプロ

吉野裕一(よしのゆういち)

FP事務所 MoneySmith

コラム

アメリカ市場6日振りの反発・・・【ライフプランの相談は広島のマネースミス】

2019年3月12日

テーマ:時事ネタ

みなさん、こんにちは



ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、節約術など総括的にプランニングします


夢の実現プランナー
広島のファイナンシャルプランナー FP事務所MoneySmithの吉野です




アメリカの財政赤字1兆ドル超え


トランプ政権が2020年度の予算教書を議会に提出されたようですが、国防費の増額などの要求もあり、財政赤字が4年連続で1兆ドルを超える見込みのようです。

アメリカ財政は、債務問題も常に延長されており、問題が多くあるように思いますが、赤字を増やしても大丈夫でしょうか?

経済成長により税収増が見込めると主張している政権ののようですが、世界景気後退が如実に出てきている中で、不安材料も多いですね。



6日振りの反発、安め買い


今朝終わったアメリカ市場は、5日続落の後という事もあり、安め買いで反発したようです。

ダウ平均株価は200.64ドル高の25,650.88ドルでしたが、世界の景気後退やイギリスのEU離脱への期限が迫っている事など不安材料が多い事で安心はできそうにないですね。




日経平均5日振りの反発・・・


日本市場も先週から続落が続いていましたが、昨日の日経平均株価は先週から800円近く下げていた事や中国・上海、香港株の上昇で買いが入ったようです。

日経平均株価は99.53円高の21,125.09円と上げ幅はそれほど大きくなかったですが、一時100円を超す場面もあったようです。
 
今朝のアメリカ市場が6日振りの反発の後という事もあり、続伸もあるのでしょうか。




トルコ、景気後退


以前、BRICsの後に経済成長が期待できる国としてVISTAと称された国があります。

その中にあるT=トルコなのですが、トルコ統計局が発表した2018年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が前年同月比3%減だったようです。

マイナスは2期連続となり、トルコは景気後退入りに入ったとみられています。







皆さん、溢れる様な素敵な一日を・・・(^o^)



**********************************************************


MoneySmith Logo



株投資セミナーの様子





安い時に買って高い時に売ると利益が出ると考える方は当然多いと多いと思いますが、思いと行動が伴わない事が多くあります。
いつ始めても失敗しない為の「株式投資ゲームセミナー」


ボードゲームで株取引を疑似体験できる体験型セミナー

お知り合いやお友達の方との少人数からでもお受けしております。

詳しくはホームページにて・・・



広島・ファイナンシャルプランナー

ライフプラン相談・住宅ローン相談・セカンドライフ相談・資産運用相談・リスクマネジメント相談など各種相談もお待ちしております。



FP事務所 MoneySmith
夢実現プランナー 吉野裕一

この記事を書いたプロ

吉野裕一

夢実現プランナーのプロ

吉野裕一(FP事務所 MoneySmith)

Share
関連するコラム

吉野裕一プロのコンテンツ