マイベストプロ広島
  1. 世界経済、下方修正・・・【ライフプランの相談は広島のマネースミス】
吉野裕一

夢実現プランナーのプロ

吉野裕一(よしのゆういち)

FP事務所 MoneySmith

コラム

世界経済、下方修正・・・【ライフプランの相談は広島のマネースミス】

2019年3月7日

テーマ:時事ネタ

みなさん、こんにちは



ライフプランに対して、キャッシュフローを作成し、問題点を洗い出し、改善点のアドバイスや資産運用、保険見直し、住宅ローン見直し、節約術など総括的にプランニングします


夢の実現プランナー
広島のファイナンシャルプランナー FP事務所MoneySmithの吉野です




景気動向指数、マイナス見通し


今日発表される内閣府の1月の景気動向指数について、民間のエコノミストの間ではマイナスになるとの見通しが高まっているようです。

前月の2018年12月は、景気が良い方向から2番目の「足踏み」と下方修正されていますが、更に下方修正され「下方への局面変化」と下がる指摘が多くなっているようです。
 
今朝のアメリカ市場が3指数ともに続落している事で、日本市場も期待できないのでしょうか



日経平均、利益確定売りも出て続落


昨日の日経平均株価は、前日のアメリカ市場が続落している事や3月に入り決算期末を前に利益確定売りも出やすくなっていたようで、129.47円安の21,596.81円と続落となりました。

21,800円近辺から下げが続いていますね。

今日の内閣府の景気動向指数の発表やアメリカ市場の下落で一段の下げとなり、21,500円を割り込むか注目ですね。



アメリカ貿易赤字、過去最大


アメリカの商務省が発表した2018年の貿易統計(通関ベース)ではモノの赤字が前年比10.4%増の8787億200万ドル(約98兆4千億円)となり、2006年以来12年振りに過去最大を更新したようです。

昨年はアメリカ経済も堅調だった事で、輸入が多くなった事が要因だったようですね。

今年は、更に米中だけではなく多くの国に貿易制限を行っている事で、どれだけの影響があるか注目ですね。





OECDの経済見通し、下方修正


経済協力開発機構(OECD)が世界の成長率見通しを発表しましたが、前回の成長率見通しの3.5%から3.3%に引き下げました。

ユーロ圏と中国の景気の弱さを指摘し、イギリスの欧州連合(EU)離脱を巡る不確実性も続いている事もリスクがあるとも指摘。

「世界的な景気拡大は勢いを失い続けている」とし、「下振れリスクが現実になったり影響したりした場合、経済成長はさらに弱りかねない」とも分析しています。

日本の今年の経済成長見通しは-0.2%、2020年は0%となっています。




アメリカ市場3日続落


今朝終わったアメリカ市場は、3指数ともに3日続落となり、ダウ平均株価は、3週振りの安値まで下落しています。

ダウ平均株価は、133.17ドル安の25,673.46ドルで終わっています。

ダウ平均も26,000ドルを回復していましたが、貿易赤字が過去最大を更新した事で続落が続いてしまいましたね。






皆さん、溢れる様な素敵な一日を・・・(^o^)



**********************************************************


MoneySmith Logo



株投資セミナーの様子





安い時に買って高い時に売ると利益が出ると考える方は当然多いと多いと思いますが、思いと行動が伴わない事が多くあります。
いつ始めても失敗しない為の「株式投資ゲームセミナー」


ボードゲームで株取引を疑似体験できる体験型セミナー

お知り合いやお友達の方との少人数からでもお受けしております。

詳しくはホームページにて・・・



広島・ファイナンシャルプランナー

ライフプラン相談・住宅ローン相談・セカンドライフ相談・資産運用相談・リスクマネジメント相談など各種相談もお待ちしております。



FP事務所 MoneySmith
夢実現プランナー 吉野裕一

この記事を書いたプロ

吉野裕一

夢実現プランナーのプロ

吉野裕一(FP事務所 MoneySmith)

Share
関連するコラム

吉野裕一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-6575-1938

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野裕一

FP事務所 MoneySmith

担当吉野裕一(よしのゆういち)

地図・アクセス

吉野裕一プロのコンテンツ