まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
吉野裕一

夢実現プランナーのプロ

吉野裕一(よしのゆういち)

FP事務所 MoneySmith

コラム

バレンタインデー

時事ネタ

2017年2月14日

今日はバレンタインデー


2月14日は、みなさんがご存知のバレンタインデーですね。


私が幼少の頃は、女の子が意中の男の子に愛の告白をする為にチョコレートを贈るというイベントでした。


それが時の経過と共に義理チョコという言葉が生まれたように男友達や会社の同僚の人へもチョコを贈るというより配るようになりました。

そうなると3月14日のホワイトデーは以前はバレンタインデーにチョコをもらった人への返事という意味合いでホワイトデーとなっていましたが、バレンタインチョコの3倍返しという風習になってきました。


最近では友チョコや社交チョコなど、いろんな名前に変化してきているようで男女関係なく配っているようですが、女の人が配る事には変わりがないようです。



強制支出で経済の活性化・・・


このバレンタインデーで大変なのは女性の方ですね。

バレンタインデーの前には大量にチョコレートを買って、手作りチョコを作ったり、高価なチョコを買ってお返しを期待したり、様々な苦労はあるでしょう。


しかし経済的には、こういったイベントが定着すると景気の良し悪しに関係なく消費が増える事になります。

ただ景気の好不調により消費額は増減してしまいます。

ですので、定着し始めると景気が上昇してきますが、次第にそれが景気のバロメータ-ともなってしまう事もあります。


昔からの風習も・・・


こうやって考えると、昔から正月やお盆など日本にも昔からのイベントがあります。


先祖を供養するという事や帰省という事もありますが、ある意味消費活動を活発にするという意図もあったのかも分かりませんね。



夢実現プランナーのブログもご覧ください。

ameblo.jp/moneysmith/entry-12247576049.html


By Your Side For Your Life
FP事務所 MoneySmith
http://moneysmith.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

吉野裕一

吉野裕一(よしのゆういち)

吉野裕一プロのその他のコンテンツ

Share

吉野裕一プロのその他のコンテンツ