マイベストプロ広島
城代博

理想をカタチにするマンションリノベーションのプロ

城代博(じょうだいひろし)

工房住空間 建築デザイン株式会社

コラム

暮らしを見直すリノベーション (後半)

2018年12月7日 公開 / 2019年4月5日更新

テーマ:これからのリノベーション

皆様こんにちは、マンションリノベーションの設計施工、工房住空間の城代です。

前回のコラムの続きです。

子供二人が巣立った後の私たち夫婦の暮らしをどう変えていくか?

まずは四人が二人になる訳ですから、当然今までよりも一人当たりに使える床面積は広くなってきます。

そうなると、今は同じ部屋で寝起きしている私たち夫婦がそれぞれ個室を持つことも可能になります。

もしくは、寝室は一つのままで、広いLDKに改造して大きなテレビと厳選されたオーディオシステムを買って悠々自適な老後を過ごすのも良いでしょう。

妻は当然今より広くて使い勝手の良いキッチンを要求してくるはずです。

私とて、自分の朝食と毎日の味噌汁作りを担当する者として、使い勝手の良いキッチンは望むところです。

あと、私が密かに計画しているのは、壁面いっぱいに本が並べられる本棚。

写真集から自己啓発本、村上春樹の小説、建築家のエッセイetc 、ちゃんとジャンル分けして並べたい。

そしてその本棚はあらかじめ現場造作で作られていなければなりません。

よく晴れた日曜の朝、私は本の背表紙を眺めながら、厳選されたオーディオシステムに組み込まれたターンテーブルにレコードを置き、針を落とす。

妻はきっとまだ寝ているでしょう。

歳をとると誰しも早起きになると思っていましたが、そうでもないという事を同居人を介して知った今日この頃。

リビングに対して対面に向いた最新型キッチンで、スピーカーから流れてくる音楽に合わせて舞うように朝食の支度をする。(もちろん私)


そんな理想のマンションリノベーションを計画している私です。




工房住空間ホームページはこちら

ご相談はこちらから

問い合わせはお気軽に

 最後までコラムをお読みいただきありがとうございます。
マンションのリフォームやリノベーションでは、完成イメージのご要望は同じでも、物件毎に様々なクリアすべき問題や使える工法が違ってきます。うちの場合はどうなのか?費用面はどうなのか?など、もっと詳しくお知りになりたい方はお電話か問い合わせフォームでご連絡ください。まずはお話だけでも構いませんよ。

この記事を書いたプロ

城代博

理想をカタチにするマンションリノベーションのプロ

城代博(工房住空間 建築デザイン株式会社)

Share
関連するコラム

城代博プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-258-1701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

城代博

工房住空間 建築デザイン株式会社

担当城代博(じょうだいひろし)

地図・アクセス

城代博のソーシャルメディア

facebook
Facebook