まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

山下江プロのコラム一覧:弁護士コラム/企業法務

 弁護士との顧問契約とは?  今回は,主に企業の経営者の皆様に向けて,「弁護士との顧問契約」についてお話ししたいと思います。 経営者の皆様の中には,「何か法的なトラブルが発生した後で弁護士に相談すればよい」,あるいは「法的なトラブルが発生しても,裁判でなければ弁護士に...

 使用期間後の本採用拒否  企業が正社員を新しく雇用しようとする場合、一定の試用期間を設けるということは広く行われていると思います。ではこの試用期間が満了した時に、企業は、企業側の考えに基づいて、自由に当該労働者の本採用を拒否することができるのでしょうか。結論は否で、企業...

 契約書を作ろう!!でも,作れない場合はどうする?  山下江法律事務所の弁護士の笠原です。今回は契約書についての話です。契約書を作らないままで取引をしている会社も少なくないかもしれません。皆さんの会社はどうでしょうか?契約書なんて作らなくてもこれまでトラブルが起こったこと...

 労働基準法は労働者を過酷な就労環境から守るために様々な定めを置いております。 労働時間については原則として1日8時間,週40時間が上限となっておりますし,使用者は労働者に対し,毎週少なくとも1回は休日を与えなければなりません。(業種や規模,また労使協定などにより例外はあります...

 昨今では労働者の就業意識が変化し,従来のように定年まで1つの会社で働き続けるという意識が薄れてきたと言われて久しい時代です。 それでもなお,就職して長年働いてきた会社から突然解雇を言い渡されてしまった場合,労働者は精神的にも経済的にも大きな打撃を受けることになると思います...

 このコラムを読んでいるみなさんは自分の給料明細やどのくらい働いたかをきっちり把握しているでしょうか。日本人はとかく働きがちと言われますが,働きすぎた分には法律上割増賃金の支払い義務が生じることもありえます。 どのような場合に・いくら割増しになるのでしょうか。休日以外の時...

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ