マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

コラム一覧:弁護士コラム/相続・遺言

RSS

弁護士コラムvol.197 「相続財産の使い込みについて」 廣田 麻由美

弁護士コラムvol.197 「相続財産の使い込みについて」 廣田 麻由美

 相続財産の使い込みについて 相続においてトラブルに発展するケースの一つに,相続財産の使い込みがあります。具体的な例をみていきます。Aさんは,父親が亡くなったので,遺産分割のために銀行で父親名義...

弁護士コラムvol.194 「遺産分割協議後に遺言が見つかったときは??」 宮部明典

弁護士コラムvol.194 「遺産分割協議後に遺言が見つかったときは??」 宮部明典

 遺産分割協議後に遺言が見つかったときは??  被相続人が死亡後,相続人間で遺産分割協議を行い,無事に話がまとまり遺産分割が完了したとします。もしその後遺言が見つかった場合,遺産分割協議は無効と...

弁護士コラムvol.191 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 久井 春樹

弁護士コラムvol.191 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 久井 春樹

 身近な人の判断能力に衰えを感じたら 1 急速に高齢化が進む中、高齢者の方の判断能力に衰えが見られ、財産管理などに支障が出るケースが目立ってきています。そういった場合に利用できる制度のひとつが、...

弁護士コラムvol.189 「相続時の配偶者の居住権」 城 昌志

弁護士コラムvol.189 「相続時の配偶者の居住権」 城 昌志

 相続時の配偶者の居住権  前回のマイベストプロ(加藤泰弁護士)では、平成31年1月13日から施行される民法改正のうち、遺言の方式の変更についてお話しがされました。今回は、同時に創設された配偶者居住権...

弁護士コラムvol.188 「遺言書の方式」 加藤 泰

弁護士コラムvol.188 「遺言書の方式」 加藤 泰

 遺言書の方式  遺言書を書きたいという相談は当事務所に持ち込まれる相続の相談の典型的なものの一つです。遺言には方式が定まっているため,その方式に従わずに書いたものは法的に遺言としての効力を持た...

弁護士コラムvol.185 「遺言の制度が変わります。」 稲垣 洋之

弁護士コラムvol.185 「遺言の制度が変わります。」 稲垣 洋之

 遺言の制度が変わります。  平成30年7月,相続に関する民法の規定を改正する法案が国会で可決・成立し,公布されました。 今回の改正は,約40年ぶりの大幅な見直しといわれており,改正の内容も多岐に...

弁護士コラムvol.173 「遺産相続でもめないために」 加藤 泰

弁護士コラムvol.173 「遺産相続でもめないために」 加藤 泰

 遺産相続でもめないために  自分が亡くなった後どうなるか不安はありませんか? 子どもたちやその配偶者たちが遺産をめぐって醜い争いをしてしまうのではないかと心配されている方もいらっしゃるの...

弁護士コラムvol.167 「暴力息子にも自分の財産を相続されてしまうの?」 廣田麻由美

弁護士コラムvol.167 「暴力息子にも自分の財産を相続されてしまうの?」 廣田麻由美

 暴力息子にも自分の財産を相続されてしまうの?  子どもに暴力を振るわれる・暴言を言われる,子どもの借金を代わりに返している等,自分の子どもとはいえ,その行いに頭を抱えていらっしゃる方は少な...

弁護士コラムvol.163 「適切な親の財産管理」 小林 幹大

弁護士コラムvol.163 「適切な親の財産管理」 小林 幹大

 「適切な親の財産管理」 ご両親が高齢で、子供の一人が財産の管理も含めて親の面倒を見ながら同居し、ほかの兄弟は離れて暮らしているということは珍しくありません。ご両親の面倒を見ている子供がき...

弁護士コラムvol.154「相続放棄はいつでもできるか?」 柴橋 修

弁護士コラムvol.154「相続放棄はいつでもできるか?」 柴橋 修

 相続放棄はいつでもできるか?  例えば,親が亡くなり,自分が相続人になっているが,被相続人である親に多額の借金がある場合,どうすればいいでしょうか? このような場合,相続放棄という手続き...

弁護士コラムvol.152「死んだら散骨してほしい!遺言に書いておけばいいの?」 廣田 麻由美

弁護士コラムvol.152「死んだら散骨してほしい!遺言に書いておけばいいの?」 廣田 麻由美

 死んだら散骨してほしい!遺言に書いておけばいいの?  前回のコラムでは,「終活」とは何かということについて取り上げ,「終活」において重要なものとして,エンディングノートというものを紹介させ...

弁護士コラムvol.151『最近「終活」ってよく聞くけど必要?』 岡 篤志

弁護士コラムvol.151『最近「終活」ってよく聞くけど必要?』 岡 篤志

 最近「終活」ってよく聞くけど必要?  「自分の死後のことなんて考えたくない。」そのように考えている人は多いと思います。しかし,万が一の事態は突然やってきます。そのとき,残された家族は短期間...

弁護士コラムvol.149 「相続放棄をすれば何も心配いらないの??」 宮部 明典

弁護士コラムvol.149 「相続放棄をすれば何も心配いらないの??」 宮部 明典

 相続放棄をすれば何も心配いらないの??  前回のコラムで取り上げた相続における預金の取り扱いについては,最近になって最高裁の判決が出ました。この判例については松浦弁護士が本コラムでわかり...

弁護士コラムvol.147 「法定相続情報証明制度が始まります」 青山慶子

弁護士コラムvol.147 「法定相続情報証明制度が始まります」 青山慶子

 法定相続情報証明制度が始まります  最近,新聞やテレビのニュースでも話題となっておりますが,法務省の発表によりますと,今年の5月から,「法務局が,法定相続人の一覧を公的な証明書として発行し...

弁護士コラムvol.145 「預金債権と相続」 松浦 亮介

弁護士コラムvol.145 「預金債権と相続」 松浦 亮介

 預金債権と相続  昨年12月に相続に関して大きな影響を与える最高裁判所の決定がありました(最高裁大法廷平成28年12月19日決定)。亡くなった人(被相続人)の預金の扱いについて,これまでの...

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・法律相談は完全予約制で行っております。
・原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス