まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

山下江プロのコラム一覧:弁護士コラム/離婚・男女トラブル

 近所間の騒音トラブル  養育費の金額について,協議や調停で取り決めたり,審判や裁判で決められたりしていることがあると思います。 支払い義務者はその合意や決定のとおり養育費の支払いをしていくことになりますが,養育費の支払いは,基本的に子が成人するまでのことですので,長...

 離婚相談でよく聞かれる質問  当事務所では,多くの離婚相談が寄せられておりますが,離婚は,離婚ができるかどうか(離婚原因),お子さんに関すること,財産分与,慰謝料など問題が多岐に渡ります。今回のコラムでは,相談時によくある質問を複数取り上げ,簡潔に解説していきます。...

 子どもの連れ去りについて  夫婦が別居する際に、子どもをどちらが育てるかということは大きな問題になり、この点でトラブルが多く発生しています。双方の主張が対立することも多く、一方が実力行使をしてしまう場合も見受けられます。 例えば、夫婦が別居することになり、妻(夫)が...

 「認知について」  「私は,交際していた男性の子どもを懐胎,出産しました。相手の男性は,出産前は子どもを認知すると言っていましたが,なかなか認知してくれません。その後,男性は他の女性と結婚してしまいました。もう相手の男性に子どもを認知してもらうのは無理なのでしょうか。...

 「離婚と税金」  離婚をする際に,慰謝料の支払や,財産分与を受けたり,養育費の支払いについて取り決めをしたりすることがあります。このとき,相手方から金銭等を受け取ることになると思いますが,それに対して,税金はかかるのでしょうか。時々ご質問を受けますので,今回のコラムで...

 弁護士コラムvol.160「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は、夫に対し、生活費(婚姻費用)を請求できるのか」 1 夫婦は、自身の収入等に見合った生活を家族にさせないといけないという義務を負います。これは、法律上、「生活保持義務」と呼ばれています。 こうした義務を負って...

 不貞行為とは 1 最近、テレビの番組内で「一線を越えていない」「男女関係にない」等という発言がよく報道されていました。  これらの発言は法律用語で表現すると「不貞行為」(民法770条1号参照)には当たらないという意味が一番近いのでしょうが、法律上の不貞行為とはどのよ...

 オーバーローン住宅の財産分与 1 財産分与とは 財産分与とは,離婚の際,夫婦が婚姻期間中に形成した財産を清算する手続のことをいいます。財産分与でよく問題となるのが,オーバーローン住宅の処理です。2 オーバーローンとは オーバーローンとは,住宅ローンの残高が住...

 離婚した場合の自分や子どもの名字・戸籍について  離婚した場合に名字や戸籍はどのように変わるのか、どのように手続きを行えばよいのか等と尋ねられることがあります。 離婚した場合、婚姻によって名字を変えた方は原則として婚姻前の名字に戻ることになります。このように元の名字...

 養育費を支払ってほしい  離婚にあたり,養育費の取り決めをしなかった場合でも,養育費を請求することは可能です。(1)では,「養育費は要らない」と合意していた場合はどうでしょうか。養育費が不要との取り決めは,当事者の間で真意に基づいて合意されたと言える場合には,法的...

 離婚の裁判とは?  「離婚を切り出したが,配偶者が離婚に応じてくれない。協議が整わないので,家庭裁判所に調停を申し立てたが,不成立に終わってしまった。」 このようなとき,それでも離婚をしたいという場合は,裁判を起こす必要があります。 では,裁判ではどのようなことが争...

 浮気をした交際相手に慰謝料請求できるか 1 素敵な人だと思って交際を開始したものの、しばらくしてその交際相手は他の異性と体の関係を持った…このように交際相手に浮気されてしまった場合、浮気をされた人は少なからず精神的苦痛を被ることになるでしょう。では、こうした精神的苦痛を慰...

 有責配偶者からの離婚請求  浮気をした夫から,離婚を切り出され,どうしたら良いかわからずご相談に来られる方がいらっしゃいます。 しかし,浮気をして離婚の原因を作った有責配偶者からの離婚請求が簡単に認められることはありません。このことを知らない方が意外に多くいらっしゃるの...

 子どもの引渡しについて  平成27年12月16日、女性の再婚禁止期間を6か月と定めた民法733条1項の規定のうち、100日を超える部分は違憲であるとの最高裁判決が出されました。 そもそも、このような規定がなぜ存在したかというと、再婚禁止期間を定めることにより、父性の...

 子どもの引渡しについて  離婚件数の増加にともない,子どもをめぐる紛争も増加しています。夫婦のそれぞれが我が子を育てたいという気持ちを持たれるのは当然のことです。 では,「ある日,突然,妻(夫)が子どもを連れて出て行ってしまった。」場合,子どもを連れ戻すにはどうすれば...

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ