マイベストプロ広島
  1. 弁護士コラムvol.200 「法改正で養育費の回収がしやすくなる?」 柴橋 修
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

コラム

弁護士コラムvol.200 「法改正で養育費の回収がしやすくなる?」 柴橋 修

2019年5月10日 公開 / 2019年5月21日更新

テーマ:弁護士コラム/離婚・男女トラブル

法改正で養育費の回収がしやすくなる?

山下江法律事務所 弁護士 柴橋修
 離婚をして未成年の子どもを引き取って育てている場合,相手方(元夫)に養育費を請求できます。
 しかし,請求しても支払ってもらえない場合は,養育費に関して裁判所に対して調停を申し立て,合意できなければ審判によって,裁判所に養育費の金額を定めてもらうことができます。
 ただ,審判によって養育費の金額が明確になっていても,相手方が任意に支払わない場合もあります。
 このような場合は,強制執行という手続きをとり,相手方の給与や銀行口座を差し押さえるなどして,養育費を回収することが可能です。
 しかし,相手方の勤務先が分からない場合は給与を差し押さえることはできません。また,銀行の口座を差し押さえる場合には,銀行の支店まで特定する必要がありました。そのため,実際には養育費を回収することは簡単ではなく,社会的にも問題になっていました。
 そこで,民事執行法を改正する動きとなり,現在,改正案が提出されたところです。
 これによれば,財産開示手続という制度を利用した場合に,裁判所を通じて,給与支払者の情報を把握している市町村や年金事務所に対して,給与支払者の情報を提供するよう求めることができます。その結果,相手方の勤務先が分かれば,強制執行により給与を差し押さえることができます。
 また,同様に,裁判所を通じて,銀行の本店に対してどの支店に口座を有しているか,情報を提供するよう求めることができます。これにより,支店に関する情報までは把握していなかったとしても,口座を特定することが可能になります。
 現在,改正案は国会で審議中ですが,民事執行法が改正されれば,今よりは養育費の回収が容易になると思われます。
 養育費に関して支払の合意をしていたにもかかわらず,支払がされないなど,養育費の問題にお悩みの場合には,当事務所にご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 柴橋 修 (広島弁護士会所属)

弁護士  柴橋 修のプロフィール

■離婚・男女トラブル専門サイト <養育費について>

■弁護士コラムバックナンバー【離婚・男女トラブル】
・vol.190 「宝くじ当選金と財産分与」 松浦 亮介 2018.12.14
・vol.186 「離婚後の親子の氏」 山口 卓 2018.10.19
・vol.177 「一度決められた養育費を増減することはできるのか?」 青山 慶子 2018.6.8
・vol.169 「離婚相談でよく聞かれる質問」 山口 卓 2018.3.9
・vol.169 「子どもの連れ去りについて」 柴橋 修 2018.2.9
・vol.164 「認知について」 宮部 明典 2017.11.24
・vol.162 「離婚と税金」 青山 慶子 2017.10.27
・vol.161 「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は夫に対し生活費(婚姻費用)を請求できるのか」 久井 春樹 2017.10.13
・vol.159 「不貞行為とは」 城 昌志 2017.9.15
・vol.144 「離婚した場合の自分や子どもの名字・戸籍について」 城 昌志 2017.2.17
・vol.120 「離婚の裁判とは?」 青山 慶子 2016.3.4
・vol.119 「浮気をした交際相手に慰謝料請求できるか」 久井 春樹 2016.2.19
・vol.115 「女性の再婚禁止期間」 城 昌志 2015.12.25
・vol.110 「養育費算定表」 稲垣 洋之 2015.10.16
・vol.109 「別居,離婚後も子どもに会うためには(面会交流)」 柴橋 修 2015.10.2
・vol.107 「離婚後の手続き」 青山 慶子 2015.9.4
・vol.94 「夫婦別姓と女性の再婚禁止期間について」 田中 伸 2015.3.6
・vol.85 「離婚後の親権者死亡」 加藤 泰 2014.10.31
・vol.55 「養育費の支払を減額したいのですが」 山口卓 2013.8.2
・vol.51 「離婚した妻が子どもに会わせてくれなかったら・・・」 久井春樹 2013.6.7
・vol.23 「離婚時の年金分割」 松浦亮介 2012.4.27
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(山下江法律事務所)

Share
関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・法律相談は完全予約制で行っております。
・原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス