マイベストプロ広島
  1. 弁護士コラムvol.195 「後遺障害診断書作成のポイント」 渡辺晃子
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう) / 弁護士

弁護士法人山下江法律事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

コラム

弁護士コラムvol.195 「後遺障害診断書作成のポイント」 渡辺晃子

2019年2月22日 公開 / 2020年5月25日更新

テーマ:弁護士コラム/交通事故

コラムカテゴリ:法律関連

後遺障害診断書作成のポイント

山下江法律事務所 弁護士 渡辺晃子
 交通事故に遭い,治療は終了したけど痛みが残っている,日常生活に支障が出る,といった場合,自賠責保険で後遺障害と認定される可能性があります。後遺障害が残った場合,後遺障害慰謝料や逸失利益(後遺障害が残ったために生じた労働能力の損失や減収などの損害)などの損害が認められるので,後遺障害に認定されるかどうかで損害額は大きく違ってきます。

後遺障害 相談 弁護士 広島
 後遺障害に認定されるためには,通院していた病院で,医師に後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。自賠責保険の後遺障害の認定は原則書面審査で行われるため,後遺障害診断書に必要な項目をきちんと記載してもらうことが重要になってきます。

自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書
 後遺障害の等級の認定は,「労災補償障害認定必携」に準じて行うものとされています。したがって,まずはこの「労災補償障害認定必携」を参考にしながら,後遺障害の認定に必要な事項が記載されているかを確認することがポイントです。
 もう少し具体的にいうと,①後遺障害診断書の「傷病名」欄に後遺障害の原因となる傷病名が記載されているかどうか,②「自覚症状」欄に症状固定時(簡単に言えば,必要な治療は行われたが,今後,治療を継続してもこれ以上よくならないという時点のことを指します。)の自覚症状が詳細に記載されているかどうか,③「他覚症状および検査結果」欄に必要な検査結果や画像所見が記載されているかどうか(前提として,必要な検査,画像の撮影をしていることが必要となります。),④「四肢の関節機能障害」欄に可動域制限の程度が記載されているかどうか,⑤「障害内容の増悪・緩解の見通し」欄に「今後,緩解する可能性は低い」などの永久残存性を裏付けるような記載がなされているかどうかがポイントになります。

 上記のポイントは一般的に言えることであって,残存する障害によって検討ポイントは異なります。また,後遺障害に認定されるポイントは,後遺障害診断書だけではありません。交通事故に遭われた場合は,なるべく早い段階で専門家へご相談されることをお勧めいたします。

 交通事故に関してお悩みの方はお気軽に当事務所にご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 福山支部長 弁護士 渡辺 晃子  (広島弁護士会所属)

弁護士  渡辺 晃子のプロフィール

■交通事故専門サイト「後遺症(後遺障害)」

■弁護士コラムバックナンバー【交通事故】
・vol.187 「交通事故に遭った・・・。請求できる金額はどうやって計算する???」 笠原 輔 2018/11/2
・vol.168 『電動一輪車は「自動車」なの?』 田中 伸 2018/1/26
・vol.165 「交通事故で車を壊された場合,車の損害はどこまで賠償してもらえるの?」 渡辺 晃子 2017/12/8
・vol.124 「主婦が交通事故に遭った場合の休業損害」 柴橋 修 2016/5/13
・vol.121 「物損事故の評価損(格落ち)とは」 小林 幹大 2016/3/18
・vol.100 「交通事故で顔に傷が残ったら」 齋村 美由紀 2015/5/29
・vol.95 『交通事故被害における「症状固定」とは?』 柴橋 修 2015/3/20
・vol.79 「交通事故被害に遭って自動車が壊れたら・・・」 久井 春樹 
・vol.75 「自転車事故における損害の填補」 松浦 亮介 2014/6/6
・vol.74 「交通事故の過失割合について」 蔦尾 健太郎 2014/5/23
・vol.64 「交通事故の損害賠償の算定について」新名内沙織  2013/12/20
・vol.63 「交通事故の損害賠償請求の相手方は?」榎本紀子  2013/12/6
・vol.11 「日常生活におけるトラブル(交通事故)」上土井幸始 2011/11/4

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(弁護士法人山下江法律事務所)

Share

関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・法律相談は完全予約制で行っております。
・原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

弁護士法人山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス

山下江のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2020-01-09
rss
ブログ
2020-05-26
facebook
Facebook