マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.188 「遺言書の方式」 加藤 泰

2018年11月16日 公開 / 2019年1月15日更新

テーマ:弁護士コラム/相続・遺言

遺言書の方式

山下江法律事務所 弁護士 加藤泰
 遺言書を書きたいという相談は当事務所に持ち込まれる相続の相談の典型的なものの一つです。遺言には方式が定まっているため,その方式に従わずに書いたものは法的に遺言としての効力を持たなくなります。せっかく書いたのに遺言として使い物にならず,相続人間で揉めてしまっては残念です。平成30年7月6日に民法の一部を改正する法案が参議院で可決され,この方式については若干の変更がありました。平成31年1月13日から施行されます。そこで,今回のコラムでは,改正点に触れつつ,遺言の方式についておさらいしてみます。

 遺言の方式は,民法に規定があります。民法967条によると,「遺言は,自筆証書,公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし,特別の方式によることを許す場合は,この限りでない。」とあります。ここから,遺言には,自筆証書遺言,公正証書遺言,秘密証書遺言と特別の場合があることが分かります。
 この中で,ポピュラーなのは,自筆証書遺言,公正証書遺言だと思いますので,これを説明します。

 自筆証書遺言は,「全文,日付及び氏名を自書し,これに印を押さなければならない」(民法968条1項)とされています。つまり,パソコンで作成して印刷したものはダメということです。改正前は非常に厳格であり,自署についての例外はなかったのですが,冒頭で紹介した改正により,財産目録については自署である必要はなくなりました。パソコンで作成して印刷したものや他人が記入したものを添付することが可能になりました。ただし,目録の各ページに遺言者の署名捺印は必要です。
 なお,自筆証書遺言については,法務局での保管する制度も民法改正と併せて創設されました。

 公正証書遺言は,公証役場に赴くなどして,公証人に遺言書を作成してもらう方法です。入院先の病院に公証人に出張してもらって作成することもあります。公証役場に原本がありますから,遺言書の紛失や改ざんのおそれがないのが強みです。公正証書遺言の作成には,証人2人以上の立ち会いが必要ですが,公証役場に頼めば証人を手配してくれる場合もあります。

 以上のように遺言を書くにあたっては方式が決まっており,方式を間違えれば元も子もありません。しかし,やはり大切なことはどのような遺言を遺すか,遺言の内容です。方式と内容については,専門家に相談しながら作成するに越したことはありません。遺言の作成については,当事務所にご相談下さい。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 加藤 泰   (広島弁護士会所属)

弁護士  加藤 泰のプロフィール

■山下江法律事務所HP「相続でお悩みの方」

■弁護士コラムバックナンバー【相続・遺言】
・vol.185 「遺言の制度が変わります。」 稲垣 洋之 2018/10/5
・vol.173 「遺産相続でもめないために」 加藤 泰 2018/4/6
・vol.167 「暴力息子にも自分の財産を相続されてしまうの?」 廣田 麻由美 2018/1/12
・vol.154 「適切な親の財産管理」 小林 幹大 2017/11/10
・vol.154 「相続放棄はいつでもできるか?」 柴橋 修 2017/7/7
・vol.152 「死んだら散骨してほしい!遺言に書いておけばいいの?」 廣田 麻由美 2017/6/9
・vol.151 『最近「終活」ってよく聞くけど必要?』 岡 篤志 2017/5/26
・vol.149 「相続放棄をすれば何も心配いらないの??」 宮部明典 2017/4/28
・vol.147 「法定相続情報証明制度が始まります」 青山慶子 2017/3/31
・vol.145 「預金債権と相続」 松浦亮介 2017/3/3
・vol.137 「続・相続における預金の取扱いについて」 宮部明典 2016/11/11
・vol.135 「共有物の分割」 青山慶子 2016/10/14
・vol.132 「遺言と遺留分」 加藤泰 2016/9/2
・vol.128 「遺言能力はどのように判断されるのか」 加藤泰 2016/7/8
・vol.127 「墓などの祭祀財産は一般の相続財産とは異なるルールで承継されます。」 笠原輔 2016/6/24
・vol.126 「遺産分割協議の解除と負担付遺贈」 山口卓 2016/6/10
・vol.125 「遺言書を見つけたら」 稲垣洋之 2016/5/27
・vol.122 「相続における預金の取扱いについて」 宮部明典 2016/4/1
・vol.117 「遺言書を作る理由」 松浦亮介 2016/1/22
・vol.113 「夫が亡くなりました。同居している義母に出て行ってもらうことはできますか?」 加藤泰 2015/11/27
・vol.103 「嫡出推定と法律上の父子関係」 松浦亮介 2015/7/10
・vol.99 「未成年の子どもがいる方は遺言を書こう」 加藤泰 2015/5/15
・vol.96 「相続人がいない人の遺産はどうなるの?」 稲垣洋之 2015/4/3
・vol.93 「遺産分割協議と行方不明者」 青山慶子 2015/2/20
・vol.92 「亡くなった親の介護をしていた相続人は通常より多くの遺産を取得することが出来るのか」 久井春樹 2015/2/6
・vol.89 「相続税制の改正」 松浦亮介 2014/12/26
・vol.83 「遺言無効確認訴訟」 山口卓 2014/10/3
・vol.78 「成年後見制度とは何ですか?」 新名内沙織 2014/7/18
・vol.71 「これからの信託」 加藤泰 2014/4/4
・vol.70 「将来認知症等になった場合に備える任意後見契約」 笠原輔 2014/3/20 
・vol.66 「エンディングノート」 副所長 田中 伸  2014/1/24
・vol.59 「非嫡出子の相続分」 城 昌志 2013/9/27 
・vol.58 「嫡出でない子」 齋村美由紀 2013/9/13
・vol.52 「相続(その4)」 副所長 田中伸 2013.6.21
・vol.46 「相続でトラブルになりやすいケースについて」 蔦尾健太郎 2013.3.22
・vol.43 「ペットに財産を残せるか」 山本淳哲 2013.2.8 
・vol.41 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 片島由賀 2013.1.11
・vol.38 「遺産分割の対象となる財産の範囲」 山口卓 2012.11.22
・vol.35 「相続(その3)」 副所長 田中伸 2012.10.12 
・vol.28 「遺産相続でもめた場合には」 城昌志 2012.7.6 
・vol.26 「遺言書の方式」 山本淳哲 2012.6.8 
・vol.19 「成年後見制度について」 山口卓 2012.3.2
・vol.16 「相続(その2)」 副所長 田中伸 2012.1.20
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(山下江法律事務所)

Share
関連するコラム