まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

弁護士コラムvol.179 「ペットに遺産を残せるのか」 宮部 明典

弁護士コラム/いろいろ

2018年7月6日 / 2018年9月25日更新

ペットに遺産を残せるのか


山下江法律事務所 呉支部長弁護士 宮部明典
 ある資産家の不可解な死がワイドショーを賑わせています。その資産家は,派手な女性関係で有名でしたが,愛犬のことを溺愛していたそうで,生前「愛犬に自分の全財産を譲る」などと豪語していたそうです。
 では,実際にペットに遺産を残せるのでしょうか。
 「愛犬に財産を残すという内容の遺言を書けばいいじゃないか!」というようなことを思いつく方がいるかもしれません。相続人以外の第三者に財産を残すことを遺贈といい,民法964条で「遺言者は,包括又は特定の名義で,その財産の全部又は一部を処分することができる」と書かれています。そうすると,ペットに財産を残せそうな気もします。
 しかし,民法が遺言の相手方として想定しているのは,あくまで「人」です。いかに愛犬であっても,民法上は「物」として扱われてしまうのです。当然,「物」に対して財産は残せません。
 では,自分の死後,ペットは放置されてしまうのでしょうか?何も対策はないのでしょうか。
 このような場合,「負担付遺贈」という方法を取ることができます。この方法では,第三者に財産を渡す代わりに義務を負担させることができます。この義務の内容として,例えば散歩の回数やペットフードの指定などを細かく指定していれば,自分の死後も安心できるのではないでしょうか。ただし,遺贈は放棄が可能ですので,あまりに負担だけが大きいと放棄されてしまうかもしれません。また,遺産だけ受け取って世話をしないこともあるかもしれません。
 このようなリスクへの対策として,遺言内容を実行に移す権限を持つ「遺言執行者」を指定しておきましょう。約束を守らない場合などに,この遺言執行者が家庭裁判所に申立てて,遺贈を取り消すことができます。もっとも,あいまいな点が残らないよう,受遺者(遺贈を受ける人)とは生前に負担の内容について話し合っておいた方がいいでしょう。
 遺言執行者については裁判上の手続きを行う可能性があるため,専門家に任せた方が安心と言えます。遺言の作成や遺言執行については,お気軽に当事務所の弁護士にご相談下さい。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 宮部 明典   (広島弁護士会所属)

弁護士  宮部 明典のプロフィール

■山下江法律事務所HP「ご相談の流れ」

■弁護士コラムバックナンバー【テーマ:いろいろ】
・vol.178 「ファールボールが直撃して大けが。被害者は救済される?」 小林 幹大 2018/6/22
・vol.174 「近所間の騒音トラブル」 久井 春樹 2018/5/25
・vol.174 「未成年者の損害賠償責任」 城 昌志 2018/4/20
・vol.161 「殴られた!!怪我をした!!損害賠償請求だ!!その法的根拠は??」 笠原 輔 2018/3/23
・vol.161 「未成年者の契約について」 稲垣 洋之 2018/2/23
・vol.161 「『権利の濫用』とは」 松浦 亮介 2017/9/29
・vol.158 「名義変更,済ませてますか?」 笠原 輔 2017/9/1
・vol.157 「約款に関する規定の新設―電気、保険、インターネット、・・・約款は多様な取引で使われています―」 笠原 輔 2017/8/18
・vol.156 「通信販売で購入した商品を返品したい」 山口 卓 2017/8/4
・vol.155 「民法が改正されました」 稲垣 洋之 2017/7/21
・vol.153 「未成年者の不法行為と親の責任」 副代表/田中 伸 2017/6/23
・vol.143 「自分の名前に抵抗がある場合、改名することはできるのか」 久井 春樹  2017/3/17
・vol.143 「犯罪被害の示談」 加藤 泰  2017/2/3
・vol.142 「過労死について」 笠原 輔  2017/1/20
・vol.141 「ペットが人に怪我をさせた場合」 山口 卓  2017/1/6
・vol.140 「残業代の計算」 稲垣 洋之  2016/12/23
・vol.139 「訴えたい相手が認知症の場合は?」 柴橋 修  2016/12/9
・vol.136 「ペットに財産を残せるか」 小林幹大  2016/10/28
・vol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 城昌志  2016/9/16
・vol.130 「弁護士費用は誰が負担するの?」 城昌志  2016/8/5
・vol.123 「経歴を詐称すると犯罪になるの?」 副所長・田中伸  2016/4/15
・vol.112 「労働者派遣法の改正により派遣労働者の派遣可能期間が変更されました」 笠原輔  2015/11/13
・vol.111 「騒音問題」 山口卓  2015/10/30
・vol.108 「証明責任(立証責任)とは」 田中伸  2015/9/18
・vol.105 「債権を時効にかけないためには」 新名内沙織  2015/8/7
・vol.101 「マイナンバー制度ってなんだろう」 城昌志  2015/6/12
・vol.97 「土地管轄~どこの裁判所に訴訟提起できるのか~」 山口卓  2015/4/17
・vol.84 「友人に貸したお金を返してもらいたい!!」 齋村美由紀  2014/11/14
・vol.84 「知らないと危ないかも?!身元保証について」 笠原輔  2014/10/17
・vol.82 「お隣さんとのトラブル」稲垣 洋之 2014/9/19
・vol.81 「パワハラとは?」柴橋 修 2014/9/5
・vol.77 「ご近所との騒音トラブル」榎本 紀子 2014/7/4
・vol.76 「契約って何ですか?」粟井良祐 2014/6/20
・vol.62 「オークションで購入したチケットが使えなかったのですが・・・粟井良祐 2013/11/22
・vol.61続編 「続・NHK受信料と契約自由の原則」松浦亮介 2013/11/8
・vol.61 「NHK受信料と契約自由の原則」松浦亮介 2013/10/25
・vol.56 「レンタルDVDの延滞料を請求された・・・!」笠原 輔 2013.8.16
・vol.49 「未成年の子どもが勝手にした契約を親が取り消すことができるか榎本紀子 2013.5.10
・vol.47 「消滅時効に関する留意点」松浦亮介 2013.4.5
・vol.45 「保証人になってください」城昌志 2013.3.8
・vol.44 『「最も良い解決法」とは?』上土井幸始 2013.2.22
・vol.42 「エステを解約したいのですが・・」齋村美由紀 2013.1.25
・vol.40 「管轄」加藤泰 2012.12.21
・vol.37 「仮差押命令」稲垣洋之 2012.11.9
・vol.36 「裁判に勝てば当然支払いをしてもらえるか?」 柴橋修 2012.10.26
・vol.34 「親を扶養する義務」 久井春樹 2012.9.28
・vol.31 「殴られて怪我をした場合に損害賠償請求できる根拠は?」 粟井良祐  2012.8.17
・vol.29 「ファールボールが直撃してけがをしてしまった場合の球団主催者蔦尾健太郎 2012/7/20
・vol.25 「婚約破棄による損害賠償請求」 齋村美由紀 2012.5.25
・vol.22 「もしも普段使っている製品で事故に遭ったら」 片島由賀 2012.4.13
・vol.20 「指導者の不注意で、スポーツ中に事故に遭ったら・・・」 笠原輔 2012.3.16

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ