まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「4月21日イオンモールで相続無料相談会」

法律相談

2018年4月10日 / 2018年9月18日更新

2018/4/9(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「4月21日イオンモールで相続無料相談会」


イオンモール広島府中 相続無料相談会 山下江法律事務所

4月21日イオンモールで相続無料相談会

Q: 今月は、「相続・遺言」をテーマに、番組に寄せられましたご相談について、法律の専門家であるお立場からお答えをいただいております。
 今日はいつもの江さんではなく、2回目の登場となります、江さんの事務所、山下江法律事務所の岡篤志弁護士に来て頂きました。
 どうぞ、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、いつもの法律相談ではなく、山下江法律事務所が開催を予定しているショッピングモールでの相続に関する無料相談会のご案内をしてもらいます。
 岡さん、今月21日(土)にイオンモール広島府中(旧ソレイユ)にて、相続無料相談会が行われると聞いたのですが。
 相談会の詳細を教えて頂けますか?

A: はい、今月21日(土)10時~19時まで、イオンモール広島府中2階のスポーツオーソリティ前ブリッジにて、当事務所所属弁護士による相続無料相談会を実施します。
 お1人30分程度となります。

Q: 21日に、イオンモール広島府中2階のスポーツオーソリティ前ブリッジですね。一人30分と。

A: はい。
 そのとおりです。
 相談者には特典があります。
 弊所が一昨年発行した一般向け相続解説本「相続・遺言のポイント50」をプレゼントします。

Q: 嬉しいですね。
 その本、私も持っていますが、相続や遺言について、イラストや図で大変分かりやすく説明されていました。
 相談したい方はどのようにすればいいのですか。

A: ご相談は事前予約が必要ですので、事務所までお電話ください。
 電話番号は、この番組でもいつもご紹介している「なやみよまるく」、そう・・0120-7834-09です。
 その際に、お名前と相手方のお名前をうかがうことになります。
 利益相反がないように、事前チェックが必要だからです。
 秘密は責任をもって守りますので、
 ぜひ、ご協力お願いします。

Q: 利益の相反する両方から相談を受けるわけにはいかないから、お名前と相手方のお名前が必要となるのですね。

A: はい、そういうことです。

Q: たしか、昨年もイオンモール広島府中で相続相談会を開催しておられましたが、どのような雰囲気なのですか?

A: 昨年は3つの相談ブースを設置し、各ブースごとで弁護士が相談に応じました。事前予約による相談枠は基本的にはすべて埋まり、当日の飛び込みでの相談の方も多数いらっしゃいました。
 わたしも相談を受けていたのですが、お昼ご飯を食べる暇も無いほど、多数の方がきてくださり、うれしい悲鳴をあげておりました。

Q: そんなにたくさんの方が相談に来てくださったのですね。
 相談内容としてはどのようなものが多かったのですか。

A: 相続に関する相談がメインですので、遺産はどのように分けるのか、遺言書はどうやって書くのかなどの一般的なものから、特定の人には相続させたくない、家から出て行ってもらいたいなど、すでに争いの火種が起こっているものまで色々ありました。

Q: 相続は誰にも起こりうるものなので、弁護士に相談したいと思う方は多いでしょうね。
 相談に来られる方は、どのような方が多いのですか?

A: 若い方からご年配の方まで、様々な方が来てくださりました。
 若い方であれば、祖父母や両親の相続についての相談、ご年配の方であれば、遺言書やご自身が亡くなった後どうなるかなどを相談する方が多かったですね。

Q: 相続の相談には性別も年齢も関係ない。
 疑問に思ったら思い切って相談に行った方がいいということですね。

A: そうですね。
 早めに相談しておいて損はないと思います。
 どうしても法律事務所に行くのは気が引けるという方は多いと思います。
 そんな方は、是非、今回の相談会を利用して頂きたいと思います。
 買い物終わりに、映画を見終わった後に、リラックスして立ち寄っていただければと思います。

Q: たいした問題でもないのに法律事務所に行くのは気が引ける。
 この気持ちは非常によく分かります。
 そんな方でも、気軽に相談に行けるのが今回の相談会ということですね。

A: そうです。
 お気軽に相談に来ていただければと思います。
 また、ご本人はたいした相談ではないと思っていても、実は重大な問題で早急に対策をしないといけないということもあります。

Q: ちなみに、このような場合は早めに相談をした方がいいという事例はありますか。

A: 親が借金を残して亡くなった、遺産分割協議書を兄弟が作成し署名押印を求められている。
 このような場合は、早めに弁護士に相談した方がいいと思います。
 手遅れになってしまう可能性もあります

Q: 借金が残った場合というのは、もしかして「相続放棄」手続のことでしょうか。

A: そうです。
 相続放棄手続には、被相続人が死亡したことを知った時から3か月以内という時間制限がありますから、のんびりしていられないのです。

Q: そうでしたね。
 弁護士に相談せず、手遅れになり一生後悔するようなことは避けたいですね。
 わたしも何かあれば早めに相談するようにします。

A: 是非、そうしてください。
 相談に来てくだされば適切な解決方法をご提案いたしますよ。

Q: 現在、山下江法律事務所では、相続・遺言の他にも、様々な個人の相談については無料で対応をされています。
 一度、相談に出向いてみてはいかがでしょうか?

A: そうですね、ぜひお気軽にお越しください。
 山下江法律事務所は広島本部の他、呉、東広島、福山、岩国に支部を構えておりますので、最寄りの事務所でご相談頂けます。
 イオンモールの相続相談会は、オープンスペースでの相談となりますので、個室での相談を希望される方や、相談会の日のご都合が悪い方、相続・遺言以外でお悩みの方は、事務所での無料法律相談をご予約ください。

Q: それでは相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 これはイオンモールでの相談予約も同じです。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、4月21日(土)イオンモール広島府中での相続相談会についてお話を伺いました。
 岡さん、今日はありがとうございました。
 

■次回のテーマ 
「相続アドバイザーの活用法」について
2018/4/16 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

■相続無料相談会の詳細はこちら↓
「イオンモール広島府中にて無料相続相談会を開催します<特典あり>」

■バックナンバー(相続)
「遺言があればトラブルにならなかった例」  2018/4/2OA
「家族信託制度について教えて」  2017/12/26OA
「遺産分割で兄ともめている」  2017/12/18OA
「発見された3通の遺言書の効力は」  2017/12/11OA
「父死亡1年後に借金の相続放棄はできるか」  2017/12/4OA
「相続税が心配」  2017/9/25OA
「そろそろ遺言を書こうと思っていますが…」  2017/9/18OA
「エンディングノートって何ですか?」  2017/9/11OA
「遺留分の計算の仕方を教えて」  2017/9/4OA
「遺産分割の手続きを教えてください」  2016/6/27OA
「死亡した父に借金があることが判明」  2016/6/20OA
「未成年の子がいる人は遺言書を作るべき?」  2016/6/13OA
「相続・遺言の本を出版されたとか・・」  2016/6/6OA
「遺言に代わる家族信託とは」  2015/12/21OA
「母の遺言では私には何も無かったのですが」  2015/12/14OA
「一般社団法人はなまる相続ができたと聞いたが」  2015/12/7OA
「成年後見制度について」  2015/8/11OA
「遺言作成上のアドバイス」  2015/6/29OA
「借金も相続されるって本当ですか?」  2015/6/22OA
「内縁の妻に家を残してやりたい…」  2015/6/15OA
「遺言書を書くべきでしょうか」  2015/6/8OA
「夫の死後に隠し子がいることが判明」  2015/6/1OA
「遺言は詐害行為とならないか?」  2014/12/8OA
「相続チームがあると聞いたのですが」  2014/12/8OA
「未成年者の後見人はどのように決める?」  2014/9/8OA 
「相続アドバイザー活躍中」  2014/3/31OA 
「遺産分割で揉めています。」  2014/3/24OA 
「亡き父の遺言によると自分の取り分がないが?」  2014/3/17OA 
「遺言書を発見したのですが・・・。」 2014/3/10OA 
「兄弟姉妹の孫は相続人になりますか?」  2013/3/3OA 
「遺言書通り分けないといけない?」  2013/11/11OA 
「ママが巻き込まれる相続トラブル」  2013/5/27OA 
「資産と借金・・・相続を迷っている」 2013/5/20OA 
「父親に買って貰ったマンションの相続」 2013/5/13OA 
「遺言書のつくり方について」 2013/5/6OA 
「姉が認知症の親の金を勝手に使う」 2013/1/21OA 
「エンディングノートについて」 2012/11/26OA 
「遺言の内容を変更したい」 2012/11/19OA 
「株式を相続したのですが…」 2012/11/12OA 
「未成年者への相続」 2012/11/5OA 
「紙切れに書かれた遺言書」 2012/4/30OA 
「生命保険金は遺産分割の対象となりますか?」 2012/4/23OA 
「どこの家庭でも起こりうる相続問題」 2012/4/16OA 
「相続アドバイザーって何?」 2012/4/9OA 
「初めての相続~流れの説明~」 2012/4/2OA 
「胎児は相続できますか?」 2011/10/31OA 
「遺留分を放棄させることは可能?」 2011/10/24OA 
「弟から遺留分の請求が…」 2011/10/17OA 
「死亡した父の借金取り立てが来た」 2011/10/10OA  
「夫が別の女性との間でつくった子に相続させたくないが…」 2011/10/3OA
「子どもがいない夫婦の相続はどうなるの?」 2011/4/25OA 
「放蕩息子に相続させたくない」 2011/4/18OA 
「家業手伝いと療養看護…相続はどうなる」 2011/4/11OA 
「内縁の妻は相続できる?」 2011/4/4OA

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ