まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

コラム

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「保育園で子どもがけが」

法律相談

2018年2月27日 / 2018年9月18日更新

2018/2/27(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「保育園で子どもがけが」


保育園 子ども ケガ 慰謝料請求

保育園で子どもがけが

Q: 今月は、番組に寄せられました様々なご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は36歳の女性の方からの質問です。

 「私は3才の子どもを持つ母親です。
 フルタイムで仕事をしているため、息子は家の近所の保育園に通っています。
 先日、仕事を終え、子どもを迎えに行ったら唇が切れて血のでた痕が…。
 担任からの説明ではなく、近くにいた先生から、「今日、お友達と遊んでいたときにぶつかって、口を切ってしまったんですが、すぐに手当てをしておきました。 ちょっと腫れてはいるけど、さほど出血もなく、本人も大丈夫というので、様子を見ておきました。その後のおやつももりもり食べていたので、大丈夫そうです。たいしたことなくて、よかったです。」
との報告を受けました。
 たしかに本人は特に痛がることもなく、元気に走り回っていましたが、この対応はいかがなものかと腹が立ちました。
 さらにぶつかった際に前歯も打っていたようで、その歯が黒っぽくなってきました。
 歯医者で見てもらうと、ぶつかった衝撃で、神経が死んでいるとのこと。
 乳歯だから気にしなくてもいいとの診断でしたが、日に日に怒りが込み上げてきています。
 子どもたちのことなので、多少のケガやキズは仕方ないとは思いますが、先生の、また保育園の態度に疑問が残ります。
 友達に愚痴をこぼしたら、保育園に慰謝料を請求したら?と言われました。
 そこまで大げさにするつもりはないのですが、このような場合、子どものケガの責任は、どこにあるのか知りたくなりました。」

というメールです。
 本人が大丈夫といっても、3歳児が言った言葉を真に受けて放置しておくというのは、いかがなものかと思いますね。
 ケガの大小ではないと思いますが、江さん、保育園に預けていた際に起きたケガは、どこに責任があるのでしょうか?

A: 結論から言うと、保育時間内の事故の責任は、原則として保育園側にあります。
 これは、保育園児、すなわち小さな子どもは判断能力が著しく低い為、子どもを預かる保育園に監督義務責任があると思われるからです。
 民法第714条には「責任無能力者の監督義務者等の責任」が定められています。
 怪我を負わせた保育園児は自分の責任を理解できていないので(責任無能力者といいます)、監督義務者が責任を負うということです。

Q: やはりそうですよね。
 では例えば、お友達が言うように、保育園に責任を追及したら慰謝料がもらえる…ということになるのでしょうか?

A: 保育園に責任があるのなら、慰謝料請求もできる…と思われるかもしれませんが、ここについては、思うほど簡単ではないのが現実です。

Q: それはどういうことですか?

A: 保育園が充分に監督義務を果たしていた上で起きてしまった事故やケガであれば、園側は損害賠償責任を免れることができるというのも、法律で決められています。

Q: そうなんですか。
 保育園が監督義務を果たしていたかどうかが問題となるのですね。

A: 保育園で起きた事故は、大人がその現場に居合わせていなければ、詳細を知ることは難しいものです。
 保育園側に過失があったと立証して慰謝料を求めることは困難なことが多いです。
 小さな子どもの行動は、特に予測が難しく、注意深く観ていたとしても、ふとした瞬間にケガを伴う事故が発生したり…というのは、保育園だけでなく、家にいても、結構あるものです。

Q: たしかに、ず~っと見続けているわけにもいきませんから、100%事故を防ぐというのは、難しいことでしょうね。

A: ですから、死亡事故や後遺症、高度障害が残るといったような深刻な状況で慰謝料が発生することはありますが、通常は、治療費の負担程度となることが多いですね。

Q: なるほど…。
 今回のように、病院で手当を受けたり、診察をしたり…という治療費については、請求ができるということなんでしょうか?

A: そうですね、これも必ずということではないと思いますが、請求することは可能です。
 …とはいえ、日頃、お世話になっている保育園に、治療費請求の話を持ちかけるのは、なかなか勇気がいるかもしれませんね。

Q: そうですね。
 今回のご相談も、慰謝料が欲しいということではなく、保育園の先生の対応が問題で、フツフツと怒りが込み上げているようですし…。

A: そうですね。
 基本、大事な子どもを預けている保育園ですから、信頼をしているでしょうし、預けているからこそ、仕事ができる、と、保育園を好意的に感じているのが保護者の感覚だと思います。

Q: 大切なのは、事故後の保育園の対応ですよね。
 では、保育園はどのような対応をすればよかったのでしょうかね。

A: やはり、保育園は、事故発生の経緯や原因を担当の保育士に詳しく聞き、園として、認識しておかなければならないでしょうね。
 担任の保育士だけしか分からない…という状況はNGということです。
 その後、園に落ち度はなかったのか?事故後の園児への対応は適切だったのか?など、事故の状況を確認することは、後遺症が現れた場合や、これから先、安心して園に通わせるために必要な情報だと思います。

Q: 気をつけていても起こってしまった事故は、残念な結果ではありますが、例えば、保護者に一報を入れて、病院に連れて行くかの判断を託すとか、様子を見ていて大丈夫そうだったとはいえ、思いやりの言葉をかけるとか…それだけでも、印象は全く違ってきますよね。

A: そういうことです。
 保育中の出来事を把握し、事故が極力起こらないように対策を講じるのは園の役目であり、その園の対応に納得して、子どもを送り出すのが、保護者である。ということですからね。
 今回のご相談者の気持ちは、良く分かります。
 ですから、一度、保育園の担任や園長に、今回の対応について、こうして欲しかった…など、ご自分の気持ちを伝えてみられてはいかがでしょうかね?

Q: いやぁ、江さん、今回のご相談は、弁護士に相談して解決して欲しい…というような内容ではありませんでしたが、いいですね。
 こういった身近なご相談も。

A: そうですね。
 これからも、このような身の回りのトラブルやちょっとしたお悩みでもいいので、番組あてに送っていただきたいですね。

Q: 番組だけでなく、事務所での相談もできますので、山下江法律事務所のご相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「保育園で子どもがけが、責任の所在は?」というご相談について、お話いただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ 
「民法改正、知らないと大損する?」について
2018/3/5 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

「一般民事事件のご相談について」

■バックナンバー(テーマ:いろいろ)
「エステの違約金が高すぎる」  2018/2/19OA
「書類送検とはどういうことですか」  2018/2/12OA
「岩国支部長の廣田麻由美です」  2018/1/16OA
「福山支部長の渡辺晃子です」  2018/1/9OA
「ネットに店の悪口を書かれた」  2017/11/6OA
「身近な人が突然逮捕されたら」  2017/6/19OA
「ネット上に自分の顔を勝手にアップされた」  2017/6/6OA
「貸したお金を取り戻したい」  2017/1/30OA
「無断駐車で5万円支払えと言われた」  2017/1/23OA
「呉支部長の宮部明典です」  2017/1/16OA
「遺言書で全部自分がもらえると思っていたが…」  2017/1/14OA
「東広島支部長の小林幹大です」  2017/1/10OA
「私道を他人に使われたくない」  2016/12/26OA
「占い師に名前を変えた方がいいと言われた」  2016/12/19OA
「認知症の親が心配」  2016/12/12OA
「カープ優勝で拒否しているのに胴上げされた」  2016/12/5OA
「隣の家と境界でもめている」  2016/8/29OA
「家の横の私道の通行を禁じられ、困っている」  2016/8/22OA
「マンションの上階の子どもの足音がうるさい」  2016/8/15OA
「請求書を出し続けていれば時効にかからないか?」  2016/8/8OA
「子どもがケンカで大けが。責任追及したいが」  2016/8/1OA
「子どもが勝手にパソコンを購入。取り消せますか?」  2016/3/28OA
「アダルトサイトから高額の料金請求が」  2016/3/7OA
「残業代請求で訴えられそう」  2015/10/27OA
「労災、弁護士に頼むメリットは?」  2015/10/19OA
「マイナンバー制度について教えて」  2015/10/12OA
「エステの中途解約で高額請求された」  2015/8/31OA
「隣家の柿の木の枝がうちの庭に」  2015/8/24OA
「インターネットでひどいことを書かれた」  2015/8/18OA
「資格試験の勉強方法は?」  2015/8/3OA
「友人がお金を返してくれません」  2015/2/24OA
「隣の家からの落雪に迷惑している」  2015/2/9OA
「内定取消が有効となる場合」  2015/2/3OA
「台風で屋根の瓦が隣家の車を直撃」 2014/9/29OA
「忘れたころに居酒屋から請求書が」 2014/9/15OA
「議会でのセクハラ発言に法的追及はできるか」 2014/8/11OA
「身元保証人の責任は?」 2014/5/19OA
「高額の違約金を請求されている。」 2014/5/12OA
「内縁関係について」 2014/5/5OA
「内定取消は違法ですか?」 2014/4/7OA
「境界をはっきりさせたい」 2013/8/26OA
「頼まれて預かった子どもがケガ」 2013/8/19OA
「子どもが親のカードでネットショッピング」  2013/8/12OA
「教えて!裁判の傍聴の方法」 2013/1/28OA
「職場のタバコの煙…どうにかして欲しい」 2013/1/14OA
「連帯保証人を頼まれ、困っている」 2013/1/7OA
「自転車事故でもめている」 2013/1/4OA
「隣の家からの落雪に迷惑している」  2015/2/9OA
「内定取消が有効となる場合」  2015/2/3OA
「台風で屋根の瓦が隣家の車を直撃」 2014/9/29OA
「忘れたころに居酒屋から請求書が」 2014/9/15OA
「議会でのセクハラ発言に法的追及はできるか」 2014/8/11OA
「身元保証人の責任は?」 2014/5/19OA
「高額の違約金を請求されている。」 2014/5/12OA
「内縁関係について」 2014/5/5OA
「内定取消は違法ですか?」 2014/4/7OA
「境界をはっきりさせたい」 2013/8/26OA
「頼まれて預かった子どもがケガ」 2013/8/19OA
「子どもが親のカードでネットショッピング」  2013/8/12OA
「教えて!裁判の傍聴の方法」 2013/1/28OA
「職場のタバコの煙…どうにかして欲しい」 2013/1/14OA
「連帯保証人を頼まれ、困っている」 2013/1/7OA
「自転車事故でもめている」 2013/1/4OA
「井戸端会議って、罪になる?」 2012/8/27OA
「家の修繕のため隣地を使用したいが…」 2012/8/20OA
「子どもがショッピングモールの遊び場でケガをした…」 2012/8/13OA
「いじめに対する学校の責任は?」 2012/8/6OA
「自宅前のゴミ集積場、何とかならない?」 2012/6/25OA
「車屋から高額の違約金を請求された」 2012/6/18OA
「画数が悪いので、子どもの名前を変えたい」 2012/6/11OA

この記事を書いたプロ

山下江

山下江(やましたこう)

山下江プロのその他のコンテンツ

Share

山下江プロのその他のコンテンツ