マイベストプロ広島
山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

コラム

弁護士コラムvol.164 「認知について」 宮部 明典

2017年11月24日 公開 / 2019年6月17日更新

テーマ:弁護士コラム/離婚・男女トラブル

「認知について」


山下江法律事務所 弁護士 宮部明典
 「私は,交際していた男性の子どもを懐胎,出産しました。相手の男性は,出産前は子どもを認知すると言っていましたが,なかなか認知してくれません。その後,男性は他の女性と結婚してしまいました。もう相手の男性に子どもを認知してもらうのは無理なのでしょうか。」

 認知によって,子どもと相手の男性との間に親子関係が生じ,子どもの出生の時にさかのぼって効果が生じます。例えば,子どもは相手の男性に養育費を請求でき,その財産の相続人にもなります。ですから,認知は重要な手続きなのです。
 このような場合,いきなり認知を求めて裁判をすることはできません。まずは,認知してくれない男性を相手に認知の調停申立てをすることになります。
 調停では,調停委員から母の懐胎が相手方男性との性交渉によるものであることなどを聴取されます。もしも調停の場で相手方男性が子どもの父であることを認め,子どもを認知するという審判が法的に正当であると認められる場合は,家庭裁判所によってその旨の審判がなされます。
 他方で,調停において相手方男性が子どもの父であることを争う場合もあります。このような場合,DNAによる親子鑑定を実施することが多いです。鑑定費用は10万円前後かかりますが,ほぼ100パーセントに近い確率で父子関係の存否が判明することから,積極的に利用されています。DNA鑑定により父子関係の存在が明らかになれば,父子関係を争っていた相手方男性も認知に応じることが多いものと思われます。
 このようなトラブルに巻き込まれた場合,お早めに弁護士に相談されることをおすすめします。当事務所では個人の無料相談も行っているので,お気軽に専門家である私たちに皆様のお悩みをご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 宮部 明典   (広島弁護士会所属)

弁護士 宮部 明典のプロフィール

■離婚・男女トラブル専門サイト「女性弁護士による、女性のための離婚相談」

■弁護士コラムバックナンバー【離婚・男女トラブル】
・vol.162 「離婚と税金」 青山 慶子 2017.10.27
・vol.161 「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は夫に対し生活費(婚姻費用)を請求できるのか」 久井 春樹 2017.10.13
・vol.159 「不貞行為とは」 城 昌志 2017.9.15
・vol.144 「離婚した場合の自分や子どもの名字・戸籍について」 城 昌志 2017.2.17
・vol.129 「養育費を支払ってほしい」 齋村 美由紀 2016.7.22
・vol.120 「離婚の裁判とは?」 青山 慶子 2016.3.4
・vol.119 「浮気をした交際相手に慰謝料請求できるか」 久井 春樹 2016.2.19
・vol.118 「有責配偶者からの離婚請求」 新名内 沙織 2016.2.5
・vol.115 「女性の再婚禁止期間」 城 昌志 2015.12.25
・vol.114 「子どもの引渡しについて」 齋村 美由紀 2015.12.11
・vol.110 「養育費算定表」 稲垣 洋之 2015.10.16
・vol.109 「別居,離婚後も子どもに会うためには(面会交流)」 柴橋 修 2015.10.2
・vol.107 「離婚後の手続き」 青山 慶子 2015.9.4
・vol.102 「不倫の慰謝料と養育費」 蔦尾 健太郎 2015.6.26
・vol.94 「夫婦別姓と女性の再婚禁止期間について」 田中 伸 2015.3.6
・vol.91 「離婚と在留資格」 新名内 沙織 2015.1.23
・vol.85 「離婚後の親権者死亡」 加藤 泰 2014.10.31
・vol.72 「養育費を支払ってくれない」 齋村 美由紀 2014.4.18
・vol.60 「離婚事件に思うこと」 蔦尾健太郎 2013.10.11
・vol.55 「養育費の支払を減額したいのですが」 山口卓 2013.8.2
・vol.51 「離婚した妻が子どもに会わせてくれなかったら・・・」 久井春樹 2013.6.7
・vol.32 「離婚の届出と離婚後の親子の氏について」 榎本紀子  2012.8.31
・vol.30 「離婚相談でよく聞かれる質問ベスト3」 山本靖子 2012.8.3
・vol.23 「離婚時の年金分割」 松浦亮介 2012.4.27
・vol.14 「離婚で悩んでいるけれど…」 山本靖子 2011.12.16
・vol.7 「離婚に伴う養育費の問題」 片島由賀 2011.9.9 
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江

「相続」と「企業法務」を得意とする法律のプロ

山下江(山下江法律事務所)

Share
関連するコラム

山下江プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-7834-09

 

・法律相談は完全予約制で行っております。
・原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江

山下江法律事務所

担当山下江(やましたこう)

地図・アクセス